歴史館ブログ-歴史館ブログ

長野県立歴史館HOME » 県立歴史館について » 歴史館ブログ

全144件中、31件〜40件を表示しています。

前へ123456789101112131415次へ

木曽の宝1−食の文化財の宝庫・木曽−

イベント

木曽郡全域のほか、松本市奈川、伊那市西箕輪などでつくられるこの食べ物、ご存知でしょうか。
(写真)
正解は、朴葉巻[ほおばまき]です。

朴葉巻は、あんこを餅で包み、それを葉っぱに包んだ食べ物です。
ホオの木はモクレン科の落葉高木で、長野県では標高1,000m前後の山地帯に自生しています。
ホオの葉には殺菌力があるとされるので、朴葉巻は保存食の一種ともいえます。

長野県は、文化財保護法に掲げられていない食物を対象に、昭和58(1983)年7月、「食(味)の文化財」を指定しました。
最初の指定は、手打ち蕎麦(蕎麦切り)、焼き餅(お焼き)、御幣餅[ごへいもち]、すんき漬、野沢菜の5品目でした。
朴葉巻は、その十数年後、平成13(2001)年3月に長野県選択無形文化財に指定されます。

長野県の西端に位置する木曽地域は、食文化の豊かな地域です。
前述5品目のうち、すんき漬は木曽特有の食べ物ですし、蕎麦切り、御幣餅なども木曽と関係があります。
平成12(2000)年3月には、王滝村の万年鮨が長野県選択無形文化財に指定されるなど、まさに、食の文化財の宝庫ともいえます。

長野県立歴史館では、9月17日(土)より、秋季企画展「木曽の宝」を開催します。
木曽の貴重な文化財等を一堂に集め、ご紹介します。
普段はなじみのない皆様を含めて、多くの方に、木曽の文化に触れていただければと思います。
どうぞお楽しみに。

*

今後、「木曽の宝」に関係する木曽地域や企画展の話題や写真をご紹介していきます。

木曽の宝1−食の文化財の宝庫・木曽−
木曽の宝1−食の文化財の宝庫・木曽−
[ 2016-09-01 ]

失われた鉄路をたどる9 明治時代の土木技術をみる

イベント

 本展示で、問い合わせの多い古写真に目録?21「篠ノ井線西条ー明科間淀ケ沢地区の工事」があります。旧篠ノ井線、安曇野市内の淀ケ沢で煉瓦積み橋梁(暗渠)を造り、その上に大規模な足場を組んで土砂を運ぶ途上、記念写真を撮ったものです。古い文献には「大正時代に起きた土砂災害の復旧工事」と記された例もありますが、所蔵者の話(安曇野市教育委員会経由)や工事内容から、明治時代の篠ノ井線建設当時の写真で間違いないようです。
 注目を浴びる理由の一つは、その勇壮な?作業スタイル(企画展示室か図録で見てください)。二つめは、今どうなっているのか?ということのようです。安曇野市教委によると安曇野市東川手地籍「けやきの森自然園」近くにあたるとのことです。残念ながら、大正時代に大規模な土砂災害があったため、コンクリート製の小規模な暗渠に変わってしまっています。ただし、線路敷までの盛土は健在です。
 小規模な煉瓦造り橋梁と大規模な盛土の組み合わせは、大規模な橋梁を造るよりもお値段的に安あがりで、近くのトンネル廃土を使える利点もあったようです。現在残っている類例には、淀ケ沢から歩いてすぐの小沢川に架かる橋梁と盛土に見ることができます。また、歴史館から最も近い場所では、現在も活躍中の篠ノ井線(千曲市内)で見ることができます。
 小沢川橋梁は煉瓦の積み方に特色があり、美しい仕上がりになっています。このシリーズで紹介した漆久保トンネルの直下ですので、併せてご覧になることをお勧めします。千曲市滝沢川橋梁の近くにも龍洞院架道橋(ともに登録有形文化財)があります。

失われた鉄路をたどる9 明治時代の土木技術をみる
旧篠ノ井線小沢川橋梁と盛土(安曇野市) 淀ケ沢の隣接地で類似工法が現存、盛土はさらに上まで
失われた鉄路をたどる9 明治時代の土木技術をみる
篠ノ井線:滝沢川橋梁(千曲市) 盛土は少ないが、歴史館から一番近い場所にある
[ 2016-08-11 ]

失われた鉄路をたどる8 線路敷の痕跡をたどる

イベント

 今回の展示では、常設展示室へ行く廊下に、県内の主な廃線の現状写真と、現役時代の地図を掲示しています。これまで素通りに近かったボードでしたが、立ち止まってじっくりと見ていただいています。マニアの方からは「数が少ない」「定番の場所しかない」との声もありますが、「昔、乗ったことがあるけど・・・(ずっと無関心になっていて)・・・いろいろ思い出す」とか。「この近くに昔・・・があってね」「いや、ちがうだろう。それはもう少し先の・・・」と話がはずみ、おおむね好評です。写真の数が少ない分だけ「この隣の駅は?」とか、「この先は、どうだったかなぁ」と話がふくらみ、記憶がよみがえるようです。「失われた鉄路をたどる」シリーズとしては、写真にない部分を気にかけていただき、見に行く人が増えれば大成功です。
 ところで、現代の駅や複線化された広い線路しか見慣れていない若い世代にとっては、廃線跡は意外なほど狭く感じることでしょう。単線で付属施設も少ないので、明治から昭和初期には、道路を作るよりも効率的だったのかもしれません。写真のような狭い農道程度の幅、直線か緩いカーブが目の付け所です。
 考古学の場合、遺跡を探す時は、新旧の地形図や土地利用図、新旧の航空写真、古地図や絵図、古写真等々を利用しますが、廃線を訪ねる場合も同様とのことなので、親近感があります。違うのは、新旧の時刻表を持ってゆくと良い点でしょうか。古い時刻表は往時を想像することができます。新しい時刻表はどうして?と思っていましたが、旧線の向こう側(新線)を現代の列車が通ったりするのですね。「廃線の写真を撮り終えて帰りかけたら・・・残念!」ということを経験し、はじめて実感しました。初心者には「恐るべし」鉄道の世界です。

失われた鉄路をたどる8 線路敷の痕跡をたどる
長野電鉄木島線 終点の木島駅近く
失われた鉄路をたどる8 線路敷の痕跡をたどる
上田丸子電鉄西丸子線 旧馬場停留所(駅)付近の直線道路(旧線路敷)
[ 2016-07-21 ]

失われた鉄路をたどる7 職掌は唯クロカネの道作に候

イベント

 「夢をのせた信州の鉄道」展、開催となりました。初日は雨降り、日曜は選挙で歴史館へは脚が向かないかと思いましたが、まずまずの滑り出しでした。先日、鉄道展の成功祈願?のため、日本における鉄道の生みの親、井上勝(まさる)子爵のお墓を訪ねてきました。幕末に長州藩からイギリスに渡って鉄道技術を学び、明治時代の鉄道網敷設に邁進した人です。「職掌は唯クロカネの道作に候」という名言を残しています。碓氷峠の開通にも尽力されました。 
 お墓は東京都品川区の東海寺大山墓所にあるのですが、お墓の西数mを東海道新幹線が掠め、その隣に山手線。東側に目を転ずると東海道本線・京浜東北線が通っています。何とも、「鉄道の父」に相応しすぎる場所です(本人の希望という話も)。
 東海寺はかの有名な沢庵和尚が開祖。江戸幕府と深い関係があり、広大な敷地を有していました。ところが、明治時代になると、その敷地のほぼ真ん中に日本初の鉄道(新橋−横浜間)を通すことになったのです。お寺側の意向はともかく、前回取り上げた「鉄道はできるだけ直線、勾配は少なく」という大原則を貫いたのです。品川駅からは、八ツ山・御殿山、そして東海寺を「切通し」たのです。そして、品川駅から新橋側は用地取得上の問題から、海辺に「築堤」で通しました。このように、日本初の鉄道敷設から「切通し」と「築堤」は、定番だったことがわかります。
 両隣とも現役バリバリの路線で「失われた鉄路」シリーズらしくなく、お墓の写真も野暮なので、東京の廃線=復元された旧汐留駅(新橋停車場)を載せておきます。

失われた鉄路をたどる7 職掌は唯クロカネの道作に候
旧東海寺境内を貫く切通し、この左側数mに井上勝墓所
失われた鉄路をたどる7 職掌は唯クロカネの道作に候
発掘調査後、復元された新橋ステーション。屋外で鉄道遺構がのぞける。後方は展示施設
[ 2016-07-14 ]

近世常設展の一部展示替え 諏訪社・街道のコーナー

お知らせ

【お知らせ】
 次の2つのコーナー(小テーマ)で一部展示替えをしました。そのコーナーと新展示資料は次のとおりです。

(1)小テーマ「信濃一之宮と御柱祭」
★『信州一ノ宮諏方大明神御社内之図』(しんしゅういちのみや すわだいみょうじん おんしゃないのず) 江戸時代 当館蔵
 図の右側は上社本宮(諏訪市)で、四本の御柱が建っています。左側は、明治時代になって取り壊された神宮寺(じんぐうじ)で、普賢堂(ふげんどう)や五重の塔があります。神宮寺は廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)によって取り壊されました。

★『諏訪大社御柱祭騎馬行列古図之写』(すわたいしゃおんばしらさい きばぎょうれつ こずのうつし) 江戸時代 当館蔵
 騎馬行列は、神官・高島藩・高遠藩らが御柱を出迎え、社へ警護・先導するための行列です。参勤交替のような大行列で、多くの見物人でにぎわいました。

★『諏訪御柱行例細見』(すわおんばしらぎょうれつ さいけん) 江戸時代 当館蔵
 大祝(おおほうり)や藩の家老らを乗せた騎馬などの大行列の図です。最下段は高遠藩の騎馬行列ですが、かつて高遠地域が諏訪地域・諏訪神社と密接な関係があったことを物語っています。

(2)小テーマ「街道の風景」
★『信州松本通見取絵図控』(しんしゅうまつもとどおり みとりえずひかえ)より『川中島周辺』 文化3年(1806) 逓信総合博物館ていぱーく蔵 複製
 自動車や鉄道が発達した現代社会において道は重要なものですが、江戸時代の幕府においても街道の維持管理は重要な課題でした。道中奉行所は寛政12年(1800)から主要街道の測量図や見取絵図を作って管理します。北国街道の追分宿から善光寺宿、および北国西街道の篠ノ井宿から洗馬宿までは『信州松本通見取絵図』が作成されました。当時の宿場の家並みだけでなく、周囲の山川や寺社等も描かれ、街道の様子を具体的に読み取ることができます。
 今回は、『川中島周辺』の展示です。この絵図では、北国街道沿いに集落が点在し、上部に千曲川、下部に犀川が流れています。北原村は、南の矢代宿と北の丹波嶋宿との間(あい)の宿(しゅく)です。『善光寺道名所図会』によると、北原村には大仏が安置された阿弥陀堂があり、接待所(旅人の休憩所)になっていました。道向かいにある旅籠茶屋松屋の主人は、川中島古戦場の旧跡を調べて木版印刷して旅人に販売、茶屋裏の池では大鯉をたくさん飼っていたという記述もあります。また、千曲川の右岸には松代城下町が描かれ、鳥打峠の麓に山本勘助塚が見えます。

 なお、7月中旬には真田氏コーナー「真田氏 戦国乱世をかけめぐる」の一部展示替えをします。新たに展示する資料は次のものです。
★『大坂冬陣之図』 江戸時代 当館蔵
 大坂城と城を取り囲む徳川軍勢の名前、堀や水路、周囲の山々が描かれています。大坂城には「右大将秀頼公」の名が大きく記されています、城の外側には真田信繁が築き戦った陣地「真田丸」が「出丸」と記され、「真田左衛門」の名も見えます。戦の動きを詳細に記した書物『大坂冬御陣覚書』と併せてご覧ください。

 資料は語っています。資料と出会い、ご解読ください。資料により1〜3か月で展示替えとなりますので、早めにご覧ください。

近世常設展の一部展示替え 諏訪社・街道のコーナー
信州一之宮諏方大明神御社内之図(江戸時代 当館蔵)
近世常設展の一部展示替え 諏訪社・街道のコーナー
諏訪大社御柱祭騎馬行列古図之写(江戸時代 当館蔵)
[ 2016-07-09 ]

失われた鉄路をたどる6 地味だけど大規模な痕跡を残すもの

イベント

 地形も地質もおかまいなく「人が作ったんだぞ〜」と主張するのが、大きな直線の構造物です。発掘された古代東山道(確実なのは県外の遺跡)などを見ると、古代国家は山だろうと谷だろうと関係なく、幅12mの直線道路を造っていたことがわかります(ちなみに、現代のセンターラインがある2車線道路の幅が6〜7m程度)。自然を克服する技術力や財力だけでなく、複雑に絡み合う地元民の権利関係を飛び越えて「直線にする力」を誇示していました。
 鉄道は、敷設する側と住民側の力関係もあるでしょうが、それ以上に、鉄道の根本的な性質上、できるだけ直線、できるだけ勾配を少なくする必要があります。線路が曲がっていたり急勾配だと、脱線しやすく止まりづらい、あるいは登れないからです。スピードが出せず燃費も悪くなります。旧信越線碓氷峠のようにアプト式ラックレールにしたり、補助機関車が必要になったりと、経費も手間もかかります。さらに、線路や路盤にも負担がかかり保線が大変になります。良いことはありません。
 そこで、高い所は削って切通し・堀割にし、低い所は土を盛って、築堤・盛土をします。こうすることで、山や丘陵を迂回せず真っ直ぐに、勾配も少なくすることができます。
 大がかりな切通しや築堤の痕跡は、廃線になった後でも地形図にしっかり残ります。今なら、ネットに提供されている航空写真などで確認することができ、廃線跡を探す目安になります。現地へ行っても見応えのある場所もあります。

※「夢をのせた信州の鉄道」展、7月9日(土)いよいよはじまります!

失われた鉄路をたどる6 地味だけど大規模な痕跡を残すもの
旧篠ノ井線の築堤跡 (筑北村)
失われた鉄路をたどる6 地味だけど大規模な痕跡を残すもの
旧上田丸子電鉄丸子線 丸子町駅近くの切通し
[ 2016-07-06 ]

失われた鉄路をたどる5 男子?の心をくすぐる大型鋼鉄製構造物

イベント

 ブリキの玩具が影を潜めた昭和40年代、世間では現役の蒸気機関車が絶滅寸前になっていました。鋼鉄製に魅力を感じる男子には残念な時代です。
 上松町赤沢の森林鉄道資料館に行くと、1960年(昭和35)に引退した木曽森林鉄道の主力蒸気機関車ボールドウィンと対面できます。D51のような「これぞ鋼鉄製」と言わんばかりのゴツゴツ感はなく、軽便鉄道のレール幅762ミリに合わせ小ぶりで、形もオシャレです。男女問わず、多くの鉄道ファンが魅せられるのも納得できます。
 ともあれ、このシリーズは「失われた鉄路をたどる」シリーズですので、機関車のような“モノ”ではなく、鋼鉄製の“遺構”を探し歩いてみましょう。レールではありません。もっとワクワクする大きさの構造物・・・そう鉄橋です。
 信州の深い谷あいに鉄路敷くため橋は必需品でした。しかし、廃線鉄橋の多くは外されて売却されてしまいます。そのため、橋台や橋脚しか残っていない場合が大半です。そんな中で、多数の鉄橋を見られるのが木曽森林鉄道です。
 ボールドウィンが木材を満載した貨車を引きながら渡る写真(夏展にも展示します)、で有名な鬼淵鉄橋は、中央線の上松駅から歩いて10分ほどの場所にあります。今では、隣接する道路用の鉄橋が一回り大きいため目立ちませんが、保存運動の甲斐もあり、1915年(大正4)竣工の勇姿はいまだ健在です。
 大桑村野尻から阿寺渓谷を上ってゆくと、山あいの景観に溶け込むような小さな鉄橋が目に入ってきます。歩道橋程度の幅しかない、いかにも「林鉄」らしいサイズです。
 「林鉄」には、道路に転用されているものも含め、他にも鉄橋が残っています。鋼鉄製大型構造物に惹かれる男子だけでなく、鉄道女子も木曽森林鉄道を訪ねてはいかがでしょうか。避暑にもよい季節です。
 ※当館の「夢をのせた信州の鉄道」展は、7月9日(土)〜8月28日(日)

失われた鉄路をたどる5 男子?の心をくすぐる大型鋼鉄製構造物
上松町 王滝森林鉄道 鬼淵鉄橋
失われた鉄路をたどる5 男子?の心をくすぐる大型鋼鉄製構造物
大桑村 阿寺森林鉄道 大石の橋
[ 2016-06-28 ]

琉球切手 6月23日は沖縄「慰霊の日」

イベント

 太平洋戦争末期の沖縄戦は、一般住民を巻き込んだ地上戦で、10万人ちかい沖縄県民が戦死しました。1945年6月23日は、第32軍司令官牛島満中将が自決し日本軍の組織的な戦闘が終結した日です。そのため沖縄県は、戦没者の追悼と恒久平和を願って6月23日を「慰霊の日」と定めています。
歴史館は、昨年「戦後70年企画 長野県民の1945」の特別展を実施しました。その展示を契機に、アジア・太平洋戦争に関連した資料が、寄贈されました。
 その中に、沖縄切手あるいは琉球切手と呼ばれる、1972年5月14日の本土復帰までのアメリカ統治下の沖縄で発行された切手があります。90枚ほどが寄贈され、現在整理中ですが、その中の一枚を紹介します。
「オリンピック東京大会沖縄聖火リレー記念」の「3¢(セント)」の切手で、守礼門に五輪マークと聖火が描かれています。「円」ではなく「¢」が米国統治下であることを物語っています。1964年8月21日にギリシャのオリンピアで採火された聖火は、予定より遅れて9月7日に沖縄に到着しました。盛大な歓迎式典が行われ、リレーの沿道では日の丸が振られ、その光景はまるで日本に復帰したようであったといわれます。

琉球切手 6月23日は沖縄「慰霊の日」
[ 2016-06-22 ]

失われた鉄路をたどる4 もりあがる上田城本丸を横目に

イベント

 大河ドラマ「真田丸」の影響で、上田城跡公園は連日観光客で溢れかえっています。こんな時に外堀の中だけを通り、本丸には目もくれずに二の丸仮設駐車場を抜け、矢出沢川の橋台跡へ向かう・・・なんてひねくれ者はいないでしょう。
 ここはかつて、上田電鉄真田傍陽(そえひ)線の線路敷でした。堀の中に架線の土台が残っていたり、公園前駅のプラットホームを見ることができます。実は、上田城跡は上田の近・現代史を語る上で重要な痕跡がたくさん残っている場所でもあります。
 ところで、この路線は真田氏本城跡がある旧真田町へ延びるため、各地で真田ファンと遭遇します。「なんで、そんなところを見ているの?」「ディープなマニアしか知らない真田氏の痕跡が隠されているの?」といった訝し気な視線・・・。でも、その先には古びたコンクリート構造物や近・現代の石積みしかありません。
 真田駅はバスターミナル横の駐車場下にプラットホームの基礎を見ることができます。少し上田方面に戻り、国道144号線から上田市立第5中学校方面に向かうと、5中の手前で樋ケ沢駅の古びたプラットホームと線路敷が道路から見ることができます。
 気にして探してみると、プラットホーム跡も意外に残っているものです。上田電鉄関係では、西丸子線の下之郷駅をはじめ、複数個所で痕跡をとどめています。また、布引電鉄の布引駅、善光寺白馬電鉄の茂菅駅ほか、あるいは池田電鉄の複数ヶ所で駅やその痕跡が確認できます。
 ただし、前回もお話ししましたが、立て看板がなくても私有地は立入禁止です。公道から見学することができたとしても、プラットホームが個人宅や物置の基礎になっている場合がありますので、くれぐれも節度をわきまえてください。
 ※夏季企画展「夢をのせた信州の鉄道ー失われた鉄路の軌跡ー」(7/9〜8/28)開催まで、いよいよ一ヶ月を切りました。ご期待ください。

失われた鉄路をたどる4 もりあがる上田城本丸を横目に
今年は、人がいない時間を狙って撮影するのが大変な公園前
失われた鉄路をたどる4 もりあがる上田城本丸を横目に
別所線下之郷駅の脇に西丸子線のホームと駅舎が残る
[ 2016-06-15 ]

歴史館ふるさと講座in千曲 「謎ばかりの真田氏〜居城と城を中心に〜」を開催

講座・セミナー

 6月4日、晴天の土曜日の午後、千曲市の戸倉創造館で第1回「歴史館ふるさと講座in千曲市」が開催されました。多くの県民の皆様に、長野県における最新の歴史研究の成果をお伝えするため、新たに設けられた講座です。千曲市教育委員会の共催をいただき、施設準備や広報等お世話になっております。
 今回は笹本正治当館館長が講演をしました。188名の皆さんが熱心に聴講されました。真田氏のルーツや、支配を行う根拠、真田の居館・城についての指摘がありました。
 次回は当館の村石正行専門主事が「川中島合戦と真田幸綱」と題しての講演をします。
 場所は1回目と同じ千曲市戸倉創造館で、6月10日(金)の19時から20時30分までです。

歴史館ふるさと講座in千曲 「謎ばかりの真田氏〜居城と城を中心に〜」を開催
講演する当館笹本館長
歴史館ふるさと講座in千曲 「謎ばかりの真田氏〜居城と城を中心に〜」を開催
188名のみなさんが聴講されました。
[ 2016-06-08 ]
前へ123456789101112131415次へ

このページのトップへ