歴史館ブログ-歴史館ブログ

長野県立歴史館HOME » 県立歴史館について » 歴史館ブログ

全137件中、31件〜40件を表示しています。

前へ1234567891011121314次へ

琉球切手 6月23日は沖縄「慰霊の日」

イベント

 太平洋戦争末期の沖縄戦は、一般住民を巻き込んだ地上戦で、10万人ちかい沖縄県民が戦死しました。1945年6月23日は、第32軍司令官牛島満中将が自決し日本軍の組織的な戦闘が終結した日です。そのため沖縄県は、戦没者の追悼と恒久平和を願って6月23日を「慰霊の日」と定めています。
歴史館は、昨年「戦後70年企画 長野県民の1945」の特別展を実施しました。その展示を契機に、アジア・太平洋戦争に関連した資料が、寄贈されました。
 その中に、沖縄切手あるいは琉球切手と呼ばれる、1972年5月14日の本土復帰までのアメリカ統治下の沖縄で発行された切手があります。90枚ほどが寄贈され、現在整理中ですが、その中の一枚を紹介します。
「オリンピック東京大会沖縄聖火リレー記念」の「3¢(セント)」の切手で、守礼門に五輪マークと聖火が描かれています。「円」ではなく「¢」が米国統治下であることを物語っています。1964年8月21日にギリシャのオリンピアで採火された聖火は、予定より遅れて9月7日に沖縄に到着しました。盛大な歓迎式典が行われ、リレーの沿道では日の丸が振られ、その光景はまるで日本に復帰したようであったといわれます。

琉球切手 6月23日は沖縄「慰霊の日」
[ 2016-06-22 ]

失われた鉄路をたどる4 もりあがる上田城本丸を横目に

イベント

 大河ドラマ「真田丸」の影響で、上田城跡公園は連日観光客で溢れかえっています。こんな時に外堀の中だけを通り、本丸には目もくれずに二の丸仮設駐車場を抜け、矢出沢川の橋台跡へ向かう・・・なんてひねくれ者はいないでしょう。
 ここはかつて、上田電鉄真田傍陽(そえひ)線の線路敷でした。堀の中に架線の土台が残っていたり、公園前駅のプラットホームを見ることができます。実は、上田城跡は上田の近・現代史を語る上で重要な痕跡がたくさん残っている場所でもあります。
 ところで、この路線は真田氏本城跡がある旧真田町へ延びるため、各地で真田ファンと遭遇します。「なんで、そんなところを見ているの?」「ディープなマニアしか知らない真田氏の痕跡が隠されているの?」といった訝し気な視線・・・。でも、その先には古びたコンクリート構造物や近・現代の石積みしかありません。
 真田駅はバスターミナル横の駐車場下にプラットホームの基礎を見ることができます。少し上田方面に戻り、国道144号線から上田市立第5中学校方面に向かうと、5中の手前で樋ケ沢駅の古びたプラットホームと線路敷が道路から見ることができます。
 気にして探してみると、プラットホーム跡も意外に残っているものです。上田電鉄関係では、西丸子線の下之郷駅をはじめ、複数個所で痕跡をとどめています。また、布引電鉄の布引駅、善光寺白馬電鉄の茂菅駅ほか、あるいは池田電鉄の複数ヶ所で駅やその痕跡が確認できます。
 ただし、前回もお話ししましたが、立て看板がなくても私有地は立入禁止です。公道から見学することができたとしても、プラットホームが個人宅や物置の基礎になっている場合がありますので、くれぐれも節度をわきまえてください。
 ※夏季企画展「夢をのせた信州の鉄道ー失われた鉄路の軌跡ー」(7/9〜8/28)開催まで、いよいよ一ヶ月を切りました。ご期待ください。

失われた鉄路をたどる4 もりあがる上田城本丸を横目に
今年は、人がいない時間を狙って撮影するのが大変な公園前
失われた鉄路をたどる4 もりあがる上田城本丸を横目に
別所線下之郷駅の脇に西丸子線のホームと駅舎が残る
[ 2016-06-15 ]

歴史館ふるさと講座in千曲 「謎ばかりの真田氏〜居城と城を中心に〜」を開催

講座・セミナー

 6月4日、晴天の土曜日の午後、千曲市の戸倉創造館で第1回「歴史館ふるさと講座in千曲市」が開催されました。多くの県民の皆様に、長野県における最新の歴史研究の成果をお伝えするため、新たに設けられた講座です。千曲市教育委員会の共催をいただき、施設準備や広報等お世話になっております。
 今回は笹本正治当館館長が講演をしました。188名の皆さんが熱心に聴講されました。真田氏のルーツや、支配を行う根拠、真田の居館・城についての指摘がありました。
 次回は当館の村石正行専門主事が「川中島合戦と真田幸綱」と題しての講演をします。
 場所は1回目と同じ千曲市戸倉創造館で、6月10日(金)の19時から20時30分までです。

歴史館ふるさと講座in千曲 「謎ばかりの真田氏〜居城と城を中心に〜」を開催
講演する当館笹本館長
歴史館ふるさと講座in千曲 「謎ばかりの真田氏〜居城と城を中心に〜」を開催
188名のみなさんが聴講されました。
[ 2016-06-08 ]

失われた鉄路をたどる3  トンネルを覗いてみる

イベント

 橋台・橋脚は意外と残っていて、見つかると嬉しいものです。しかし、もっと確実に残っているのがトンネル(隧道)です。一度掘り抜いてしまえば、大崩落でもない限り痕跡を消すことが難しいからです。ただし、使われていない廃トンネルは危険ですので絶対に入らないでください。また、他の廃線施設もそうですが、個人や団体の所有地・管理地になっているので、勝手に敷地に立ち入らないようお願いします。ということで、ご紹介するのは、現在も生活道路に利用されている旧信越線の旧戸草トンネル(信濃町)、遊歩道になっている旧信越線の横川−熊ノ平間のトンネル群です。このシリーズ初回に写真を掲載した旧篠ノ井線も、明科(安曇野市)側は遊歩道として散策が可能です。
 1888(明治21)年、県内で一番早く、直江津-長野間に官設の鉄路が敷かれました。難工事が予想された碓氷峠への資材運搬線の目的も担っていました。1887(明治20)年に完成した旧戸草トンネルは、現在、しなの鉄道北しなの線「古間駅」の南、歩いていける地点にあります。車1台が通れる程度の小ぢんまりとした大きさ、古びた切石と煉瓦でできたトンネルは、鉄道での現役生活を終え、第2の人生を生活道路として地元の人たちとのんびり過ごしている、といった感じです。
 碓氷峠のトンネル群は、安中市の10ヶ所が遊歩道になっており、違いを比べながら歩く楽しみがあります。有名なめがね橋(第3橋梁)から峠側は、「お金はないけど、とにかく一日も早く仕上げろ!」といった強い指示が聞こえてきそうです(あくまで私の感想です)。難工事を担う現場担当者や職人を苦しめた雰囲気が伝わって来ます。例えば、開口部の造りが横川駅に近いトンネルに比べて簡素だったり、排土と掘削の時間をかせぐためトンネル中央付近に横坑を掘っていたり、1つのトンネルだったのを中央の尾根を削って短い2つのトンネルにしたり・・・と、工事終盤は大変な騒ぎだったようです。

失われた鉄路をたどる3  トンネルを覗いてみる
旧戸草トンネル(信濃町)
失われた鉄路をたどる3  トンネルを覗いてみる
旧碓氷第7トンネル(安中市)
[ 2016-06-07 ]

金属メス vs 黒曜石ナイフ

お知らせ

 近年、シカ・イノシシなどよる農作物被害や、またクマによる人身被害が大きな問題になっています。長野県環境保全研究所では、その対策としてシカ・クマなどの生態調査、保護管理計画にともなうモニタリング調査を行っています。具体的には害獣駆除されたシカ・クマなどを解剖して、毛や脂肪などから何を食べていたか、DNA分析で出自を、歯にみられる縞から成長の具合などを調べるそうです。
 ところが脂肪の多い野生動物は金属のメスがすぐにだめになってしまうようです。そこで金属メスに代わる新たなメスの候補としてあがったのが、旧石器・縄文人が用いた黒曜石製のナイフでした。
 6月2日(木)午後、研究所の方が当館の中庭で解剖を試みました。その結果なんと黒曜石のナイフの方がはるかに使い勝手がよく、ふつう金属メスだと2~3本をだめにするクマの頭部の解体を黒曜石ナイフ1本で、いとも簡単に行うことができました。
 黒曜石の石器は金属器の出現によって衰退します。ただ、すべて金属が勝っていたようではなさそうです。脂肪の付着は黒曜石の方が少ないようで、長く切れ味を保ちました。  旧石器・縄文時代の黒曜石製ナイフは動物解体には最強の道具だったようです。
 クマは小谷村で捕獲されたものだそうです。当日、偶然にも白馬村の小学生がこの解体を見学しました。このクマの分析調査を進めてもらい、人間とクマが将来うまく棲み分けできるようになるといいですね。

金属メス vs 黒曜石ナイフ
黒曜石ナイフを使った解体の様子
[ 2016-06-04 ]

中学生の職場体験学習

イベント

 長野県立歴史館では、毎年10校前後の職場体験学習を受け入れています。

 平成28年度の職場体験学習の第1弾が、5月31日、6月1日の両日行われました。
 長野市内の中学生3名が来館し、当館各課の仕事を体験しました。
 体験を通して、「昔の貴重な資料(古文書)が見られてうれしかった。資料を保存するのも仕事の一つだとわかった」「土器、石器、人骨などを決まった場所に整理し、それを使えるようにしておくことの大切さを知った」「お客さんと接する仕事では、たくさんの人に声を掛け、挨拶やお礼をしていた」など、多くの気づきを得たようです。

 閲覧室の整理作業では、根気よく書籍を運んでいる姿が見られるなど、粘り強く丁寧に作業できる意欲的な3名でした。(写真は、古文書を検索している様子です。作業に先立ち、データベースを用いて資料が系統的に保存されていることを学びました。)
 2日間という限られた時間内での体験でしたが、今後の学校生活に少しでも役立つことがあればと思います。

*

 当館では、中学生、高校生、大学生を中心に、職場体験学習を随時受け入れています。
 1日の受け入れ人数(上限)を定め、原則として先着順でお受けしていますので、ご希望の際は早めにご相談ください。

中学生の職場体験学習
[ 2016-06-02 ]

失われた鉄路をたどる2 跡地利用しにくい場所を見る

イベント

 地面に残されたわずかな痕跡から歴史を復元するのが考古学ですが、“鉄道考古学”を掲げる人には、大きく3タイプあるようです。
 1つは、愛読書が『時刻表』、現役の鉄道は乗りつくしてしまい廃線を歩くようになった宮脇俊三さんタイプです。国鉄(現JR)の完乗記念に1978年『時刻表2万キロ』を刊行。約十年後には、廃線歩きの中で「鉄道考古学」を語っています(1989年『失われた鉄道を求めて』)。
 2つめは、土木や工学・機械系の研究者で、近代化産業遺産研究の一部として「鉄道考古学」を掲げている人々です。元祖「考古学」のお得意は発掘ですが、こちらは残存している橋やトンネル、あるいは機械モノの調査を主にしているようです。
 そして、3つめは、元々、縄文や弥生時代の遺跡を掘っていたのに、たまたま鉄道遺構を掘ることになったタイプです(最近は積極的に近代の遺跡に取り組む人も)。私が学生の頃、近世・近代は「後世の攪乱」だから「飛ばしてしまえ」(調査せずスコップで掘り飛ばす)と言われたものでした。しかし現在、日本で鉄道が開通してから140年以上経過していることを考えると、発掘調査の対象となるのも当然と言えば当然です。
 廃線を「考古学する」難しさは、廃線の時期が新しい点です。いわゆるスクラップ&ビルド時代のため、壊して効率よく跡地利用されてしまい、あまり痕跡を残さないからです。しかし、老眼が進もうとも考古学徒の目を見くびってはいけません。まずは、「後世の攪乱」を受けにくい場所に着目してみましょう。例えば縄文の遺跡でも、利用しやすい場所は後の時代に手を加えられてしまい、縄文時代の遺構は壊れています。だから、なるべく跡地利用のしづらそうな地点に目を向けてみます。廃線なら河川の斜面なんか・・・、と!!!、橋台が残っているではありませんか。後の護岸工事で新しいコンクリートが被さりながらも、しぶとく残っている例などは「邪険にされながら、よくぞ残っていてくれた」と感動モノです。

失われた鉄路をたどる2 跡地利用しにくい場所を見る
上田交通旧真田傍陽線には数ヶ所で橋台が残っています。(上田城の北で矢出沢川を渡る)
失われた鉄路をたどる2 跡地利用しにくい場所を見る
布引鉄道の煙突のような橋台と崩れ落ちた残骸(千曲川をわたり布引観音方面へ)
[ 2016-05-17 ]

バックヤード探検 〜学校見学の様子から〜

お知らせ

長野県立歴史館では、毎年、県内外から200校以上の学校見学を受け入れています。学校見学に来る子どもたちや先生方から好評なのが、通常では公開していない歴史館の裏側を見ることができる「バックヤード探検」です。
館内に展示されている展示物は、本館の収蔵物のほんの一部です。普段見ることが出来ない貴重な遺物を間近に見ることができ、子どもたちも目を輝かせて見入っています。書籍や写真からの情報ではなく、本物がもつ力強さを感じます。バックヤード探検は、対応できる人数・時間に限りがありますので、残念ながら希望に添えない場合もございます。希望される学校・団体は、早めに申込をお願いします。なお、8月に実施する「歴史館で夏休み」では、一般の皆様にもバックヤード探検をしていただけます。詳細は後日お知らせいたします。

バックヤード探検 〜学校見学の様子から〜
約3500年前の縄文人と対面
バックヤード探検 〜学校見学の様子から〜
縄文土器と弥生土器の違いを体感
[ 2016-05-13 ]

長野県内外から多くの学校見学を受け入れています。

お知らせ

当館の大切なお客様として、「小学生・中学生」の皆さんがいらっしゃいます。
春から秋にかけて、県内外の多くの学校見学を受け入れており、館内展示を見学していただいています。
本日も多くの学校見学のみなさんにお越しいただきました。
学校見学のお客様がいらっしゃると、歴史館に活気がみなぎってくるように感じます。児童・生徒の皆さんが、当館の展示を見たり、解説員の説明を聞いたりする中で、「わー」とか「へー」などという反応を示して見学してくださることが、我々歴史館の職員の大きな喜びとなっています。
今年度も、「学校見学」でご来館いただいた皆さまにご満足いただけるように、精一杯頑張りたいと思います。
そして、児童・生徒の皆さんが、次回は、お家の方と一緒に来たいなあと思っていただき、実際にお越し頂ければ幸いです。じっくり見て、体験していただける展示がたくさんあります。
「学校見学」に限らず、多くのお客様のご来館をお待ちしております。

長野県内外から多くの学校見学を受け入れています。
学校見学の様子1
長野県内外から多くの学校見学を受け入れています。
学校見学の様子2
[ 2016-05-11 ]

失われた鉄路をたどる1 “歴史”の仲間入りをした廃線

イベント

 夏期企画展「夢をのせた信州の鉄道-失われた鉄路の軌跡-」を前に、県内の廃線を歩いています。今や、廃線歩き(歩鉄)のガイドブックやネット情報は多々あり、市民権を得た観があります。旧碓氷線(信越線)や篠ノ井線の旧線跡では、遊歩道や案内板などが整備され、“鉄ちゃん”ではないハイキング客・観光客がたくさん訪れています。
 あたり前のことですが、特別な事情がない限り、鉄道会社の職員でもない我々が鉄路を“歩く”わけにはいきません。廃線でなくてはなりません。しかも、マニアでもない人々が訪れるということは、廃線に「・・・兵どもが夢の跡」といった歴史に裏打ちされた感傷や郷愁を感じてのことでしょう(単に歩きに来た人も?)。つい昨日のことだと思っていた事件(廃線決定日)が、“歴史”になりつつあるのでしょう。わが歴史館が目をつけるのもそのあたりです。
 廃線が“歴史”の仲間入りをはじめたのはいつ頃でしょうか。きっかけの一つは1983年堀淳一『消えた鉄道 レール跡の詩』の刊行でしょう。「風土と歴史をあるく」シリーズの1冊で、続刊を見ると『山の辺の道』『鎌倉街道』『熊野古道』といった蒼々たる「歴史の道」がラインナップされています。鉄道関係の専門書や雑誌ではなく、歴史書の1巻に入ったのです。県内では、2014年に再版された小林宇一郎・小西淳一監修『信州の鉄道物語(上)消え去った鉄道編』の初版が1987年です。
 近代日本の大動脈となった鉄道、その役割を道路・自動車に譲りつつ廃線が増加したのが1960年代以降とすると、「夏草や近代日本の夢の跡」として、廃線が歴史に加わったのが1980年代以降のようです。
 次回からは、失われた鉄路の現地をたどっていきたいと思います。

失われた鉄路をたどる1 “歴史”の仲間入りをした廃線
旧篠ノ井線漆久保トンネル(安曇野市)
失われた鉄路をたどる1 “歴史”の仲間入りをした廃線
トンネル説明板わきのスタンプ
[ 2016-05-08 ]
前へ1234567891011121314次へ

このページのトップへ