歴史館ブログ-歴史館ブログ

長野県立歴史館HOME » 県立歴史館について » 歴史館ブログ

全137件中、91件〜100件を表示しています。

前へ1234567891011121314次へ

普及・公開の殿堂「平出遺跡」おそるべし!

お知らせ

10月19日(土)、考古学講座「遺跡探訪バスツアー」で、松本・塩尻方面を訪れました。今年は、松本市立博物館で開催されている「発掘された日本列島2013」を中心に、松本市立考古博物館と塩尻市平出博物館の関連展示、さらに松本城二の丸の石垣改修工事現場、史跡整備事業が完了した平出遺跡公園などを見学しました。
 解説をしていただいた各施設担当者の熱が伝わったためか、説明に耳をかたむけるだけでなく、次々と質問が出て、時間が足りなくなる場面が多々ありました。時計を気にしながら先を急がせた添乗員(下写真で蛍光色ジャケット着用)としては心苦しいばかりでした。解説してくださったみなさんありがとうございました。
 平出博物館では、「昭和25年の発掘に学生で参加していた・・・」とか、「初任地がすぐ近くで・・・」とか、「昭和30年代、(改築前の)博物館に遠足で来た・・・」等々、平出遺跡にまつわる思い出話が、次々と飛び出しました。昭和〜平成を通じ、長年、発掘調査と保存活動、普及・公開活動に力を入れてきた平出遺跡関係者の底力と蓄積を見せられたようでした。「う〜む!平出遺跡おそるべし!」といった感じです。
 今、県立歴史館を訪れてくれる小・中学生たちも、数十年後に、何らかのイベントで再訪してくれた折り、「勾玉作りが楽しかったよね」とか、「私の時のナウマン象は・・・」とか、「昔も今も、ていねいに解説してくれて・・・」等々、歴史館のことをネタにして、見知らぬ人同士で、話に花が咲くと嬉しいのですが・・・。平出遺跡を訪れて思いを新たにした添乗員でした。
・松本まるごと博物館 http://www.matsuhaku.com/maruhaku/guide/shiritsu/
・松本城管理事務所

http://www.city.matsumoto.nagano.jp/shisei/buka/kyoikubu/gyoum.html

・平出博物館
http://www.city.shiojiri.nagano.jp/tanoshimu/hakubutukan/hiraidehakubutukan/

普及・公開の殿堂「平出遺跡」おそるべし!
[ 2013-11-01 ]

企画展示室より

お知らせ

美濃出身の藤原信舎(ふじわらのぶいえ)は、安土桃山時代から江戸時代初頭にかけて、諏訪で作刀した、信濃ゆかりの刀工です。本作は、第二次世界大戦後の昭和20年代初頭にGHQが接収した、いわゆる「赤羽刀(あかばねとう)」の中の一点で、平成7年に成立した「接収刀剣類の処理に関する法律」により、国から長野県に無償譲与されました。銘文に「信州諏訪住」と明記されている貴重な作例です。
今回紹介した刀は、長野県立歴史館で11月4日(月)まで開催中の秋季企画展「刃が語る信濃」で展示しています。ぜひご観覧ください。

企画展示室より
刀 銘 信州諏訪住藤原信舎
[ 2013-10-23 ]

企画展示室より「武人埴輪を描こう!」

お知らせ

現在公開中の秋季企画展「刃が語る信濃」では、子ども向け企画として、展示室内資料を描く行事を行っています。描くことで、資料をじっくり見ていただき、様々な作品が出来上がっています。武人埴輪だけでなく、美しく装飾された刀の拵(こしらえ)を描いた作品もあり、様々に楽しんで頂いています。出来上がった作品は、企画展示室入口で紹介しています。この企画は、会期中の土曜・日曜・祝日、展示室内にて行っています。画材は無料でお貸ししています。入口の係員に、お声がけください。観覧の思い出に、いかがでしょうか。

企画展示室より「武人埴輪を描こう!」
[ 2013-10-09 ]

企画展示室より

イベント

長野県立歴史館では、9月14日(土)〜11月4日(月)まで、秋季企画展「刃が語る信濃」を開催し、弥生時代から現在までの信濃ゆかりの刀剣を展示しています。今回は「直刀」について紹介します。
古墳時代の刀は、反りがなく真っ直ぐなのが特徴で、直刀と呼ばれます。この時期の刀のもう一つの特徴は、非実用的なほど長くなり、装飾が施されるようになったことです。戦闘より装飾的な要素を強め、所有者の権威を示す威信材としての役割が強くなります。ヤマト政権下で一元的に生産され、地方に配布されたと考えられます。陣馬塚古墳出土品の中には、全長が1メートルを超える直刀があり、鞘から抜きにくく実用性はなかったことでしょう。また、鐔などに当時としては珍しい銀をはめこんだ装飾(銀象嵌)が施されています。
紹介資料は、企画展示室にて展示中です。

企画展示室より
直刀 古墳時代 上田市陣馬塚古墳出土
[ 2013-09-28 ]

企画展示室より ◇ 埴輪登場 ◇

イベント

9月14日より開催中の秋季企画展「刃が語る信濃 武器、象徴(シンボル)、そして芸術(アート)へ」では、企画展示室中央に二体の埴輪が展示品を見守るように立っています。これは、重要文化財 高崎市観音山古墳出土品 「埴輪 振り分け髪の盛装男子」と「埴輪 桂甲に身をかためた男子」です。二体の埴輪が群馬県を出るのはこれがはじめてとのこと。慎重に梱包をとき、無事展示を終えるのに、まる一日かかりました。写真は展示作業の様子で、「埴輪 振り分け髪の盛装男子」の梱包をといているところです。担当学芸員が慎重に状態を確認しています。その様子を見守っているのがもう一体の「埴輪 桂甲に身をかためた男子」です。どちらも刀を身につけた姿をしています。重要文化財を間近に御覧頂けるまたとない機会です。展示室中央にて、二体の「埴輪」が皆様をお待ちしております。

企画展示室より ◇ 埴輪登場 ◇
展示作業
[ 2013-09-15 ]

木器処理室より

お知らせ

歴史館1階の奥まった部屋では、粘り気のあるこげ茶色の液体に白い粉を混ぜ、なにやら怪しげな溶液を作っています(写真)。実は、秘かに永遠の若さを保つための魔法の薬を調合?・・・しているわけではありません。

 これは、PEGと呼ばれる合成樹脂で、水槽の中には遺跡から掘り出された木器が沈んでいます。土中で保存されていた木器は、発掘された瞬間から空気に触れて酸化し、乾燥が進んで変形したり、細菌などの攻撃を受けて、急激に劣化します。浦島太郎が海から戻って、玉手箱を開けてしまった状態だと想像してください。

 そこで、木の細胞壁内に残っている水分などをPEGに入れ替えて固定させ、形が崩れるのを防ぐのです。写真の液体は、永遠の若さを保つ・・・とまでは行きませんが、木器がこわれていくのを食い止めるための溶液だったのです。

 ただし、いきなり水分をPEGに置き換えることはできないので、2年近くかけて20%→40%・・・と徐々にPEGの濃度を上げ、木器に染み込ませていきます。水槽全体を80%から100%溶液にするためには、毎日の手作業で1ヶ月近くかかる場合もあります。夏場は、気温35℃を越え、湿度は60%以上になる室内で、作業は続きます。体力と忍耐力と、「文化財を守るぞ〜」という強い意志が勝負になります。

 木器が2階で、「展示室デビュー」を飾るためには、最低でも2年間、木器処理室で地道な準備を重ねなくてはならないのです。

木器処理室より
[ 2013-09-05 ]

歴史館の中庭”歴史の散歩みち”より2

お知らせ

これな〜んだ?!【その2】

 ぶどうの房のように実がなっています。
 秋には、”歴史の散歩みち”に、たくさんの実が落ちます。

 これは、オニグルミの実です。

  ”歴史の散歩みち”には、この外にも様々な植物・屋外展示品があります。
 お立ち寄りの際は、ぜひ、中庭も御覧下さい。

 なお、クルミは縄文時代に食用とされ、大量に保管・加工していた跡が発見されています。
 常設展示室、原始の環境復元展示スペースの壁に、「貯蔵穴(ちょぞうけつ)」断面を紹介しています。
 「貯蔵穴」とは、食料などを貯めていた穴の総称です。
 常設展示室の事例は、中野市栗林遺跡で発見された穴の断面で、下の部分にクルミの殻が確認できますが、調査により、中央部分にもクルミの断片が土に混じっていることがわかっています。今風に言えば、クルミの保存・加工工場の跡ではないか、と言われています。クルミを割るのに使われた磨石(すりいし)や石皿なども穴から発見されています。

歴史館の中庭”歴史の散歩みち”より2
●●の実!!
[ 2013-08-28 ]

歴史館の中庭 “歴史の散歩みち” より

お知らせ

これな〜んだ?!

 この植物の実は、タンニンが多いため、食用とするには灰汁抜きが必要です。縄文時代には水にさらす灰汁抜き技術が普及したため、食用とされていました。カロリーも高く、重要な食糧でした。

答えは・・・、トチの実です。
歴史館のトチの木は、たくさんの実をつけています。

歴史館の中庭 “歴史の散歩みち” より
●●の実!!
[ 2013-08-12 ]

生糸製のユニフォーム、展示しています!

お知らせ

諏訪蚕糸学校(現岡谷工業高校)野球部は昭和4年(1929)12月25日から翌年1月18日まで台湾遠征を行い、全勝優勝のカップを手に帰国しました。この大遠征を支えたのが地元の製糸業者です。遠征で着用した生糸製ユニフォームはその象徴といえます。諏訪蚕糸学校はこの昭和5年(1930)、夏の甲子園大会でみごと準優勝を果たしました。大正から昭和初期にかけて全国屈指の強さを誇った信州の中等学校野球は、蚕糸業に支えられた側面があったのです。
夏季企画展「信州の野球史」(8月18日(日)まで開催中)では、本資料をはじめとする諏訪蚕糸学校関連資料などが展示されています。

生糸製のユニフォーム、展示しています!
[ 2013-08-01 ]

社会見学 IN 歴史館

お知らせ

今年度も多くの学校で社会見学の一環として歴史館をご利用いただいています。平日は小学生で大賑わいの展示室で、職員もはりきって展示解説に努めています。 見学後、各学校よりいただくお礼状は、常設展示室入口に掲示させていただき、職員の励みともなっています。ありがとうございます。 これからも歴史館を様々な教育の場でご活用いただけるように、職員一同、御来館をお待ちしております。

社会見学 IN 歴史館
お礼状
[ 2013-07-23 ]
前へ1234567891011121314次へ

このページのトップへ