歴史館ブログ-歴史館ブログ

長野県立歴史館HOME » 県立歴史館について » 歴史館ブログ

全152件中、91件〜100件を表示しています。

前へ12345678910111213141516次へ

県内最古の「蘇民将来符」、保存処理はじまる(木器処理室より8)

お知らせ

 6月初旬、永らく冷蔵保管していた木簡の保存処理に踏み切りました。中には、平成18年度に「県内初出土!県内最古!」と注目された千曲市東條遺跡出土の「蘇民将来符(そみんしょうらいふ)」(写真1)も含まれています。
 蘇民将来符は、蘇民将来という人が旅人(実は薬師如来の化身の牛頭天王)に宿を貸した際、旅人に言われたとおり、代々「蘇民将来子孫人也」と書いた札を門口にかけたところ、子々孫々まで無病息災で繁栄した、という伝承にちなんで作られた護符です。今では、大きなにぎわいを見せる上田市信濃国分寺の八日堂縁日が知られています。
 ちなみに、信濃国分寺の例は六角柱(写真2)ですが、全国各地にはさまざまな形の例があり、木札状のものや、紙でできたものもあります。東條遺跡例は、薄い木札で、長さ約23センチ弱、幅3センチ弱、厚みは1ミリ程度です。表に「蘇民将来子孫人□□」(□内は判読不明)、裏には陰陽道(おんみょうどう)でセーマンと呼ばれる「☆」が一つ付いています。
(写真2)わが家にもある信濃国分寺の蘇明将来符 13世紀後半〜14世紀の室町時代窪地から出土しており、県内最古の例とされています。全国で80例余り出土しており、古い例では、奈良時代にさかのぼる京都府の長岡京跡の例があります。
 今年度内に、保存処理を済ませ、来年には、みなさまにお目にかける機会をつくりたいと考えています。平成27年度の秋頃の予定です。ご期待ください。

県内最古の「蘇民将来符」、保存処理はじまる(木器処理室より8)
県内最古の「蘇民将来符」、保存処理はじまる(木器処理室より8)
[ 2014-07-10 ]

ヒノキ材が活躍する保存処理(木器保存処理室より7)

お知らせ

 木器保存処理室では、連日30℃近くまで室温が上昇するようになりました。そんな中、千曲市社宮司遺跡、東條遺跡等の木製品を沈めたPEG槽で、濃度を上げる作業をおこないました。溶液温度が50℃を超えるPEG槽の蓋(ふた)を開け、ゴーグル・マスクなどをつけた状態での作業のため、体感温度はなかなかのものでした。
 今回は、3週間ほどかけて、小学校のバックヤード探検や、他業務の合間を見ては、毎日コツコツと作業を重ね、6月初旬に、C槽を20%→40%、B槽を40%→60%に濃度を上げました。考古資料課職員のほか、ボランティアさん2名にもお手伝いいただき、たいへん助かりました。
 この作業にあたっては、昨年度導入した電動撹拌機(写真:台に固定したもの)が、大活躍しました。しかし、微妙な溶剤の撹拌には手作業が一番で、ここで活躍したのがヒノキ製のかき回し棒です。写真のように、ヒノキは、左手でPEG粒を振りかけながら、右手一本でも扱えるほど軽く、そのうえ強度があり、通直で耐朽性にも秀でている優れものです。
 ところで、遺跡から出土する木製品を見ると、西日本では古来から、建築材をはじめとして多用途にヒノキが利用されていたようです。しかし、長野県の古墳時代〜平安時代の資料では、ヒノキに近いサワラを大量に利用していたことがわかっています。なぜ、サワラだったのか、今後調べていきたいと思います。

※PEGについては、過去の記事(「木器保存処理室より」…第1回・第2回・第4回)にも詳しくありますので、あわせてご覧ください。(新しいウィンドウで記事が開きます。)

ヒノキ材が活躍する保存処理(木器保存処理室より7)
[ 2014-06-10 ]

屋代の低地に広がっていたケヤキとケヤキ製品(木器保存処理室より6)

お知らせ

 前回、屋代地区にはカツラやケヤキの茂る低地林があり、それが、弥生時代中期以降の水田開発によって消滅した、という話をしました。現在、ケヤキ(欅)は、神社境内などで比較的多く見られます。歴史館に近い場所では、武水別神社の社叢が、県の天然記念物に指定されています。逆に言うと、単独で信仰の対象になるか、あるいは指定することで保護しなければ、大木や森林は残っていけないのが現状です。
 一方、身近にあって手に入りやすく、加工にも向いていたケヤキは、さまざまな製品に使われてきました。飛鳥〜奈良時代の屋代遺跡群出土品を見ると、大形品では、神聖な「水辺の祭祀」で水を流す木樋に選ばれた一方、雑木として河岸の杭にも使われていました。また、小形品には、ろくろを使って加工した挽物(ひきもの)の盤や皿、ノミや小刀で刳り抜いて作った刳物(くりもの)の槽(そう)や、乗馬用の壺鐙(つぼあぶみ)が見つかっています。さらに、繊細な細工が必要な櫛の素材にも利用されました。
 現在、保存処理中の社宮司遺跡(平安時代)では、建物の柱を支える礎盤に利用された例が多くみられます。さらに、室町時代の東條遺跡では、主に漆器椀の素材に使われており、下駄や建築材なども認められます。今年度後半から来年度にかけて、順次、間近で観察できるようにする予定です。

屋代の低地に広がっていたケヤキとケヤキ製品(木器保存処理室より6)
屋代の低地に広がっていたケヤキとケヤキ製品(木器保存処理室より6)
[ 2014-05-15 ]

にぎやかに開催!「歴史館でこどもの日」

イベント

 5月5日(月)、「歴史館でこどもの日」イベントがありました。あいにくの小雨模様でしたが、大勢の子どもたちや大人の方にご来館いただきました。
 屋外展示場では、「石のアクセサリーづくり」があり、まが玉やハート型など思い思いの形となる石のアクセサリーづくりの製作に、夢中になって取り組んでいました。1時間半ほどで世界にたった一つだけの石のアクセサリーが完成です。
 常設展示室入口では、「縄文人になって遊ぼう」コーナーがあり、本物の土器を持ち比べたり、縄文人のアンギン編み衣装を身につけて記念撮影をしました。黒曜石を使って紙を切る体験コーナーもありました。「すごい。思ったよりシュッと切れるね」と、体験した方の声。記念の缶バッジのプレゼントも大好評でした。

 どちらのイベントも「子ども好き」「歴史好き」のボランティアの皆さんが運営を支えてくださいました。感謝です!
 8月8日〜10日には、「歴史館で夏休み」イベントを予定しています。大勢の皆様のご来館をお待ちしております。次回もお楽しみに。

にぎやかに開催!「歴史館でこどもの日」
にぎやかに開催!「歴史館でこどもの日」
[ 2014-05-05 ]

屋代・雨宮低地にあった桂の林と、カツラ材の保存処理(木器保存処理室より5)

お知らせ

 4月半ばを過ぎ、当館の木々も若葉が芽吹きはじめました。ハート型をした葉(写真1)は、カツラ(桂)です。カツラ科カツラ属の日本特産の落葉広葉樹で、当館駐車場では、写真のように葉脈がやや赤みがかかった木と、赤みのない木が並んであります。
 実はこのカツラ、約2000年前までは、当館周辺の低地一帯に広がっていました。
 平成4年、屋代遺跡群(高速道の五十里川と交差する地点から北側)の発掘調査で、縄文時代晩期の地層(?層)上面から、炭化した樹木痕がたくさん見つかり、樹種を調べてみるとカツラとケヤキでした。南側の更埴条里遺跡側でも同じ状況が見られたため、縄文時代には、広く樹木におおわれていたことがわかったのです。
 ところが、弥生時代中期(2200〜2300年前以降)になると、同じ場所に水路が設置され、本格的な水田開発がはじまりました。これ以後、「屋代たんぼ」へと景観が大きく変貌していったことが、発掘調査によって裏付けられたのです。
 一方、屋代遺跡群6区(更埴ジャンクションの少し南側)では、奈良時代(約1250年前)の川にかかる杭列(橋脚か)にカツラ材が使われており、一昨年ようやく、保存処理が終了しました(写真2)。また、千曲川対岸の社宮司遺跡では、平安時代(約1000年前)の柱を支える礎盤などにカツラ材が使われており、現在、保存処理作業を進めているところです。
 このように、水田開発で低地林が伐採された後の奈良・平安時代でも、身近な材として、カツラが使われていたことがわかります。
 当館の庭木、あるいはお近くの神社の境内などで、ハート型の葉を見たら、屋代低地などでの、カツラとヒトの長い付き合いの歴史を思い出してみてください。

屋代・雨宮低地にあった桂の林と、カツラ材の保存処理(木器保存処理室より5)
屋代・雨宮低地にあった桂の林と、カツラ材の保存処理(木器保存処理室より5)
[ 2014-04-22 ]

「長野県の遺跡発掘2014」 始まりました!

イベント

いよいよ、速報展「長野県の遺跡発掘2014」が始まりました。
6月1日までの会期中、速報展のみどころを随時ご紹介いたします。
今回の速報展では、約3万年前の旧石器時代から江戸時代まで幅広い時代の遺物を展示しています。
第1回目でご紹介するのは、水晶製の石器です。
南佐久郡南牧村野辺山の矢出川第?遺跡から出土しました。
水晶は、主成分がガラスや黒曜石と同じ二酸化ケイ素ですが、硬すぎて粘りがないため、打ち割ると細かく砕けてしまい、石器の材料にはあまりむいていません。
今回の調査では23点の水晶が見つかり、中には写真のように5〜7センチの大きな水晶もあります。作り方から約3万年前の石器と考えられています。この頃の遺跡で大きな水晶がまとまって見つかったのは初めてです。
まさしく「キラリと光る」逸品です。

「長野県の遺跡発掘2014」 始まりました!
水晶製の石器(縦5.6cm 矢出川第?遺跡 南町村)
[ 2014-03-23 ]

池田鉄道沿線案内

お知らせ

鳥瞰図付きパンフレットからは現存しない鉄道の存在も明らかになります。
今日紹介する「池田鉄道」もその一つ。

池田鉄道は1926(大正15)年に、開業した私鉄線です(安曇追分−北池田)。
池田町は当時、製糸業で栄えた地域の中心地でした。

鉄道敷設の理由は不明。
物資運搬を考えたのでしょうか、それとも観光誘致のためでしょうか。
いずれにしろ経営難に陥り、1938(昭和13)年に廃業となりました。

わずか12年で姿を消した池田鉄道。
その沿線案内の鳥瞰図を展示中です。

池田鉄道沿線案内
[ 2014-03-02 ]

吉田初三郎「長野県の温泉と名勝」2

お知らせ

鳥瞰図の面白さは意外性と細部にあります。
たとえば今回の画像。
「長野県之温泉と名勝」から一部分を拡大していますがどこかわかりますか?

中央の湖は諏訪湖です。
そしてその左下は 

・・・

一山越えて富士山ですね!
この実際とは違う位置関係をさも当たり前のように描いてしまう面白さ。
鳥瞰図にはこんな楽しみもあります。

多くの鳥瞰図には「こんなところに!?」
という場所に富士山が登場します。
意外な場所に描かれる富士山を探してみてください。

吉田初三郎「長野県の温泉と名勝」2
[ 2014-02-16 ]

吉田初三郎「長野県の温泉と名勝」

お知らせ

今回から展示資料をご紹介します。

初回は、今回の目玉である吉田初三郎「長野県之温泉と名勝」。
この資料は2年ぶりのお披露目ですが、
展示のために巻物状に保存されていた作品を開いたときには、
あまりの色彩の美しさに職員からも「お〜!」という、
感動の声があがりました。

1932(昭和7)年、吉田初三郎が長野県の依頼により制作した作品です。
全幅4mを越える大作で、1935(昭和10)年に長野県観光協会が、
この作品を利用して「観光信州」という鳥瞰図付きパンフレットを製作しました。
その後、大切に保管されていたため保存状態がよく、
現在でも制作時に近い見事な色彩を楽しむことができます。

また、現在この作品を展示している台は、
なるべく近くでご覧いただきたいとの思いから、
2年前に製作した専用のものです。

今回必見の「長野県之温泉と名勝」。
担当者としても多くの方々に直接ご覧いただければと思います。
ぜひ歴史館へお越しください。

次回はこの資料の内容をご紹介します。

吉田初三郎「長野県の温泉と名勝」
[ 2014-02-07 ]

「戦前の観光信州」始まりました

イベント

2月1日より「戦前の観光信州」が始まりました。
この週末は予想以上に多くの方々にご来館いただき、感謝しております。
ご観覧いただいた方々からは
「こんな所に富士山が!」
「青森がかいてある。あ、こっちにも!」
「こんなところに電車が走っていたんだ!」などの声が聞こえ、
鳥瞰図を楽しんでいただけたようです。

お住まいの地域の昭和初期の姿をみに、ぜひ歴史館にお越しください。
次回からは展示資料の紹介をしたいと思います。

「戦前の観光信州」始まりました
[ 2014-02-05 ]
前へ12345678910111213141516次へ

このページのトップへ