歴史館ブログ-歴史館ブログ

長野県立歴史館HOME » 県立歴史館について » 歴史館ブログ

全148件中、91件〜100件を表示しています。

前へ123456789101112131415次へ

屋代・雨宮低地にあった桂の林と、カツラ材の保存処理(木器保存処理室より5)

お知らせ

 4月半ばを過ぎ、当館の木々も若葉が芽吹きはじめました。ハート型をした葉(写真1)は、カツラ(桂)です。カツラ科カツラ属の日本特産の落葉広葉樹で、当館駐車場では、写真のように葉脈がやや赤みがかかった木と、赤みのない木が並んであります。
 実はこのカツラ、約2000年前までは、当館周辺の低地一帯に広がっていました。
 平成4年、屋代遺跡群(高速道の五十里川と交差する地点から北側)の発掘調査で、縄文時代晩期の地層(?層)上面から、炭化した樹木痕がたくさん見つかり、樹種を調べてみるとカツラとケヤキでした。南側の更埴条里遺跡側でも同じ状況が見られたため、縄文時代には、広く樹木におおわれていたことがわかったのです。
 ところが、弥生時代中期(2200〜2300年前以降)になると、同じ場所に水路が設置され、本格的な水田開発がはじまりました。これ以後、「屋代たんぼ」へと景観が大きく変貌していったことが、発掘調査によって裏付けられたのです。
 一方、屋代遺跡群6区(更埴ジャンクションの少し南側)では、奈良時代(約1250年前)の川にかかる杭列(橋脚か)にカツラ材が使われており、一昨年ようやく、保存処理が終了しました(写真2)。また、千曲川対岸の社宮司遺跡では、平安時代(約1000年前)の柱を支える礎盤などにカツラ材が使われており、現在、保存処理作業を進めているところです。
 このように、水田開発で低地林が伐採された後の奈良・平安時代でも、身近な材として、カツラが使われていたことがわかります。
 当館の庭木、あるいはお近くの神社の境内などで、ハート型の葉を見たら、屋代低地などでの、カツラとヒトの長い付き合いの歴史を思い出してみてください。

屋代・雨宮低地にあった桂の林と、カツラ材の保存処理(木器保存処理室より5)
屋代・雨宮低地にあった桂の林と、カツラ材の保存処理(木器保存処理室より5)
[ 2014-04-22 ]

「長野県の遺跡発掘2014」 始まりました!

イベント

いよいよ、速報展「長野県の遺跡発掘2014」が始まりました。
6月1日までの会期中、速報展のみどころを随時ご紹介いたします。
今回の速報展では、約3万年前の旧石器時代から江戸時代まで幅広い時代の遺物を展示しています。
第1回目でご紹介するのは、水晶製の石器です。
南佐久郡南牧村野辺山の矢出川第?遺跡から出土しました。
水晶は、主成分がガラスや黒曜石と同じ二酸化ケイ素ですが、硬すぎて粘りがないため、打ち割ると細かく砕けてしまい、石器の材料にはあまりむいていません。
今回の調査では23点の水晶が見つかり、中には写真のように5〜7センチの大きな水晶もあります。作り方から約3万年前の石器と考えられています。この頃の遺跡で大きな水晶がまとまって見つかったのは初めてです。
まさしく「キラリと光る」逸品です。

「長野県の遺跡発掘2014」 始まりました!
水晶製の石器(縦5.6cm 矢出川第?遺跡 南町村)
[ 2014-03-23 ]

池田鉄道沿線案内

お知らせ

鳥瞰図付きパンフレットからは現存しない鉄道の存在も明らかになります。
今日紹介する「池田鉄道」もその一つ。

池田鉄道は1926(大正15)年に、開業した私鉄線です(安曇追分−北池田)。
池田町は当時、製糸業で栄えた地域の中心地でした。

鉄道敷設の理由は不明。
物資運搬を考えたのでしょうか、それとも観光誘致のためでしょうか。
いずれにしろ経営難に陥り、1938(昭和13)年に廃業となりました。

わずか12年で姿を消した池田鉄道。
その沿線案内の鳥瞰図を展示中です。

池田鉄道沿線案内
[ 2014-03-02 ]

吉田初三郎「長野県の温泉と名勝」2

お知らせ

鳥瞰図の面白さは意外性と細部にあります。
たとえば今回の画像。
「長野県之温泉と名勝」から一部分を拡大していますがどこかわかりますか?

中央の湖は諏訪湖です。
そしてその左下は 

・・・

一山越えて富士山ですね!
この実際とは違う位置関係をさも当たり前のように描いてしまう面白さ。
鳥瞰図にはこんな楽しみもあります。

多くの鳥瞰図には「こんなところに!?」
という場所に富士山が登場します。
意外な場所に描かれる富士山を探してみてください。

吉田初三郎「長野県の温泉と名勝」2
[ 2014-02-16 ]

吉田初三郎「長野県の温泉と名勝」

お知らせ

今回から展示資料をご紹介します。

初回は、今回の目玉である吉田初三郎「長野県之温泉と名勝」。
この資料は2年ぶりのお披露目ですが、
展示のために巻物状に保存されていた作品を開いたときには、
あまりの色彩の美しさに職員からも「お〜!」という、
感動の声があがりました。

1932(昭和7)年、吉田初三郎が長野県の依頼により制作した作品です。
全幅4mを越える大作で、1935(昭和10)年に長野県観光協会が、
この作品を利用して「観光信州」という鳥瞰図付きパンフレットを製作しました。
その後、大切に保管されていたため保存状態がよく、
現在でも制作時に近い見事な色彩を楽しむことができます。

また、現在この作品を展示している台は、
なるべく近くでご覧いただきたいとの思いから、
2年前に製作した専用のものです。

今回必見の「長野県之温泉と名勝」。
担当者としても多くの方々に直接ご覧いただければと思います。
ぜひ歴史館へお越しください。

次回はこの資料の内容をご紹介します。

吉田初三郎「長野県の温泉と名勝」
[ 2014-02-07 ]

「戦前の観光信州」始まりました

イベント

2月1日より「戦前の観光信州」が始まりました。
この週末は予想以上に多くの方々にご来館いただき、感謝しております。
ご観覧いただいた方々からは
「こんな所に富士山が!」
「青森がかいてある。あ、こっちにも!」
「こんなところに電車が走っていたんだ!」などの声が聞こえ、
鳥瞰図を楽しんでいただけたようです。

お住まいの地域の昭和初期の姿をみに、ぜひ歴史館にお越しください。
次回からは展示資料の紹介をしたいと思います。

「戦前の観光信州」始まりました
[ 2014-02-05 ]

「戦前の観光信州」準備中です

イベント

はしごに登って高所での作業、重い台の運搬、くぎ打ちなどなど・・・
これが学芸員の行う、展示会前の準備作業です。もちろん資料自体を扱う作業もありますが、それに伴う地道な作業が“8割”といったら言い過ぎでしょうか。意外と体力勝負です。
現在準備しているのは、2月1日(土)から始まる館蔵品展「戦前の観光信州」。今回の主役は、空高く舞い上がった鳥の視点で観光地を描いた鳥瞰図です。これを紹介しながら昭和初期の信州の観光を振り返ります。
なるべく頻繁にブログで情報発信しますのでお楽しみに!

「戦前の観光信州」準備中です
準備風景
[ 2014-01-30 ]

屋代遺跡群出土木製品の取り上げ開始(木器保存処理室より4)

お知らせ

現在、PEG含浸(木器処理室より2参照)による保存処理を進めています。先頃、E槽が開始から2年を経過し、千曲市屋代遺跡群出土品など1,287点の取り上げが可能になりました。そこで、1月8日(水)から、ボランティアの方を含めた5人前後で、一日平均200点、週2日ほどのペースで、取り上げを行っています。
 「どうして一気にとりあげないの?」 とお思いでしょうが、それにはわけがあります。
 60℃前後に保たれた含浸槽内で液体だったPEGは、室温にさらされると急速に固まります。木製品内部は、これによって補強されますが、問題は木製品の表面です。「熱っちっち・・・」などと言いながら取り上げた木製品には、ドロドロのPEGがべったりと付き、黒ビカリしています(下写真)。これを素早く拭き取らないと、真っ白く固まってしまうのです。少しでも時間が経過してしまうと、例えば、白砂糖をまだらにコーティングしたおせんべいのようになってしまいます。こうなると、木製品を傷つけずに白い塊を外すには困難が伴います。そのため、“一人一点必殺”の手順で、素早く作業を進める方法をとっています。
 とは言え、そこは脆弱な出土木製品なので、早さだけを追求するわけには行きません。細心の注意を払い、木製品が毛羽立ったり、破損しないように慎重に拭き取らなくてはならないのです。熟練の技が発揮される場面です。
 と言うことで、いっぺんにたくさん処置するわけにも行かず、神経もすり減るため、1月末頃までかけて、順次、取り上げていく予定です。
 今回の木製品は、報告書に掲載し切れなかったモノがほとんどですが、馬形木製品の脚と思われる棒状製品や建具などの部材片等が含まれていました。奈良時代の屋代地域における木工技術を復原するには、貴重な資料となりそうです。ただし、展示までには、まだいくつもの工程が残っているため、お披露目できるのはもう少し先になります。

屋代遺跡群出土木製品の取り上げ開始(木器保存処理室より4)
[ 2014-01-21 ]

名主(なぬし)の決死の覚悟が読みとれる古文書 冬季展「山国の水害」より

お知らせ

寛保2年(1742)8月27日から30日(旧暦7月27日から8月1日)にかけての豪雨により、死者約3,000人と言われる千曲川最大の洪水「戌(いぬ)の満水(まんすい)」が発生しました。被害は千曲川上流では支流の土石流、下流では本流の洪水によるものでした。被害の状況が各地に残されており、本資料はその一つです。延徳(えんとく)田んぼ23カ村の名主(なぬし)が直訴願書をもって江戸へ行ったこと、帰ってきた18カ村の名主の身なりが、旅費が足りなくなったために乞食のようだったこと、などが書かれています。決死の覚悟での直訴だっことがわかります。

名主(なぬし)の決死の覚悟が読みとれる古文書 冬季展「山国の水害」より
「寛保(かんぽう)三年亥(い)二月 江戸表(えどおもて)ニテ高井郡廿三ヶ村飢人夫食(うえにんぶじき)御拝借(ごはいしゃく)御直訴(おんじきそ)願書(ねがいがき)写」(小布施町郷原神社蔵)
[ 2014-01-07 ]

善光寺地震がわかる一級史料 冬季展「山国の水害」より 

イベント

弘化4年(1847)5月8日(旧暦3月24日)、マグニチュード7.4と推定される善光寺地震が発生しました。善光寺では御開帳が開催されていたため多くの人的被害を出しました。この地震の被害状況、岩倉山の崩壊と犀川の塞き止め、復旧対策の様子などを詳細かつ客観的に記録したものが『むし倉日記』です。著者は松代藩家老河原(かわら)綱徳(つなのり)で、真田家の歴史書『真田家御事蹟稿(ごじせきこう)』の編者でもあります。河原綱徳が、月番家老で情報を把握できる立場であったこと、当時松代藩きっての能筆家であったことから、本書は善光寺地震を知ることができる一級の史料です。本書は、『むし倉日記』の原本であり、河原家から『信濃史料』の編纂に取り組まれた米山一政氏に寄贈され、その後米山一政氏から県立歴史館に寄贈されたものです。

善光寺地震がわかる一級史料 冬季展「山国の水害」より 
むし倉日記(江戸時代 当館蔵)
[ 2013-12-12 ]
前へ123456789101112131415次へ

このページのトップへ