近世

江戸時代前期の中農農家の実物大復原家屋(外観)。実際の農家家屋が移築展示されています。
江戸時代前期の中農農家の実物大復原家屋(外観)。実際の農家家屋が移築展示されています。
江戸時代前期の中農農家の実物大復原家屋(内部)。当時の人々の暮らしを彷彿とさせます。
江戸時代前期の中農農家の実物大復原家屋(内部)。当時の人々の暮らしを彷彿とさせます。
江戸時代の大名の嫁入り道具。現代ではその価値を図れないほど、贅をこらして作られています。
江戸時代の大名の嫁入り道具。現代ではその価値を図れないほど、贅をこらして作られています。
江戸時代に描かれた、信濃国(長野県全県)地図。測量技術も確立されていない当時、どのようにしてこのような地図はえがかれたのでしょうか?
江戸時代に描かれた、信濃国(長野県全県)地図。測量技術も確立されていない当時、どのようにしてこのような地図はえがかれたのでしょうか?

近世エリア
江戸時代の村と町のくらし
「領主と町・村」「中馬(ちゅうま)と地場産業」「庶民生活の高まり」「信州文化と民衆意識」の4つのテーマから構成されます。江戸時代には武士や商人・職人は城下町に集められ、農民は農村に住むようになりました。街道が整備され、信濃国でも農民が牛や馬で物資を運ぶ中馬輸送が盛んになりました。信濃各地の産業はこの中馬の活動と結びつき発達しました。展示では江戸前期の中農農家を復原し、江戸時代の農民の生活ぶりを実体験することができます。

江戸時代前期の中農農家の実物大復原家屋(外観)。実際の農家家屋が移築展示されています。
江戸時代前期の中農農家の実物大復原家屋(内部)。当時の人々の暮らしを彷彿とさせます。
江戸時代の大名の嫁入り道具。現代ではその価値を図れないほど、贅をこらして作られています。
江戸時代に描かれた、信濃国(長野県全県)地図。測量技術も確立されていない当時、どのようにしてこのような地図はえがかれたのでしょうか?