企画展のご案内

平成29年度 夏季企画展

長野県誕生!−公文書・古文書から読みとく−

開催期間:平成29年(2017)7月8日(土)〜8月28日(月)

 今年は、1867(慶応3)年11月9日に大政奉還が行われて150周年。12月9日(1868年1月3日)の「王政復古の大号令」に始まる新政府確立への道は、「明治維新」と呼ばれ、近代日本の出発点とされます。
 江戸時代の信濃国は10を超える藩や細分化された天領によって構成されていましたが、版籍奉還、廃藩置県を経て、最終的に長野県が管轄することになりました。しかし、その後、分県移庁論が再三唱えられることになりますが、そのたびにもともとここは「信濃国」であり「信州」なのだという意識が表面化しました。本企画展では、長野県がどのように成立し、人びとはそれをどのように受けとめたのかを、公文書・古文書から読みときます。ぜひご覧ください。

筑摩県博覧会「錦絵」1873(明治6)年(当館蔵)
筑摩県博覧会「錦絵」1873(明治6)年(当館蔵)


主な展示史資料

・五榜の掲示 1868(慶応4)年 (個人蔵・上田市立博物館寄託)
・印鑑簿 1871(明治4)年 (当館蔵)
・筑摩県庁火災「公文録」 1876(明治9)年 重要文化財(国立公文書館蔵)
・筑摩県博覧会「錦絵」 1873(明治6)年 (当館蔵)
・四国八十八所巡拝帳 1893(明治26)年 (個人蔵)

講演会「地方制度にみる明治維新」

7月15日(土) 13:30〜15:00
「地方制度にみる明治維新」
 講師:慶應義塾大学経済学部准教授 松沢裕作 氏

関連講座

8月12日(土) 13:30〜15:00
「『夜明け前』と伊那県」
 講師:青木隆幸(当館学芸部長)
「ここはどこ、私はだれ −明治初めの住所と名前−」
 講師:福島正樹(当館学芸員)

こども体験教室「プラ板で県のハンコをつくってみよう」

7月30日(日) 10:00〜15:00
「プラ板で県のハンコをつくってみよう」
 展示室でハンコのある文書や資料をさがし、自分だけのハンコをつくります。 
 ※ 材料費 100円

企画展一覧に戻る



このページのトップへ