企画展のご案内

秋季企画展・浮世絵版画から観光パンフレットまで

観光地の描き方

開催期間:2011年9月23日(金・祝)〜2011年11月13日(日)

江戸後期、庶民の間でも物見遊山が盛んになり、名所を描いた色鮮やかな「錦絵」など、さまざまな「絵入り」の印刷物が数多く出版されました。
明治時代にはいると、人びとの自然観にも変化が現れます。上高地や志賀高原、そして日本アルプスに代表される信州の山岳風景が「美しい」と認知され、絵画に描かれ、新たに「観光地」として知られるようになりました。
さらに大正末から各地の美しい風景が「新版画」として紹介され、「国立公園」の指定や全国的な観光・温泉ブームを背景に、信州は観光地としての地位を確立してゆきます。とりわけ各地で競うように発行された「観光パンフレット」からは、人びとの価値観の多様化を伺うことができます。
本展覧会では、幕末から昭和戦前までを視野に、代表的な信州の観光地が「描かれ」、印刷されることによって、広く普及していった流れを紹介します。

吉田初三郎「長野県の温泉と名勝」当館蔵
吉田初三郎「長野県の温泉と名勝」当館蔵


講演会

「近代の観光と信州の温泉地」
日時:10月16日(日)午後1時30分〜
講師:群馬大学教育学部教授  関戸 明子氏
受講料:200円(企画展観覧料を含む)

ギャラリートーク

日時:
開催期間中の毎週日曜日午後1時30〜
担当:当館職員
※企画展観覧料が必要です

企画展一覧に戻る



このページのトップへ