企画展のご案内

平成28年度 冬季展

信濃国の城と城下町 −発掘調査が謎を解く−

開催期間:平成28年12月17日(土)〜平成29年2月26日(日)

 信濃国の城や城下町は、その多くが街づくりのシンボルとされ、観光や地域おこしなどさまざまな場面で活かされています。近年、市町村教育委員会などによる城跡や城下町遺跡の発掘事例が相次ぎ、そこからは、文献には記されていない城や城下町の姿が徐々に明らかになってきました。個性あふれる出土品からみえてきた信濃国の城や城下町の新しい姿を、ぜひご覧ください。

開催期間中は、以下の講演会、イベント等を計画しております。ぜひご来館ください。
*すべて会場は歴史館講堂。いずれも聴講には観覧料が必要です。
*イベントの詳細については随時ホームページ等でお知らせしていきます。

軒丸瓦(松代城跡出土 長野市教育委員会蔵)
軒丸瓦(松代城跡出土 長野市教育委員会蔵)


講演会

12月23日(金・祝)13:30〜15:00 終了しました。
「戦国期における信濃国の城と城下町」
笹本正治(当館館長)

関連講座

第1回 1月14日(土)113:30〜15:40
「甲府城跡の発掘調査と金箔瓦について」
小林健二 氏(山梨県立考古博物館)
「上田城跡の発掘調査について」
和根崎 剛 氏(上田市教育委員会)

第2回 1月28日(土)13:30〜15:20
「松本城跡・城下町跡の発掘調査について」
竹内靖長 氏(松本市美術館)
「松代城下町跡の発掘調査について」
田中暁穂 氏(長野市埋蔵文化財センター)

第3回 2月11日(土・祝)13:30〜15:40
「土岐市国史跡元屋敷陶器窯跡と美濃桃山陶について」
春日美海 氏(土岐市美濃陶磁歴史館)
「飯田城下町遺跡の発掘調査について」
馬場保之 氏(飯田市教育委員会)

企画展一覧に戻る



このページのトップへ