企画展のご案内

春季展・かたりつがれた御家の由緒

武士の家宝

開催期間:2011年5月28日(土)〜2011年7月3日(日)

武士は、自らの家の由緒を語り継ぐために、何をよりどころとし、大切にしてきたのか。
初公開となる「依田家史料」を通して、江戸時代の武士の家宝の実体を紹介します。




講演会

「徳川家康と依田信蕃・松平康国 〜佐久・諏訪郡の戦国・織豊期〜」
日時:6月11日(土)午後1時30分〜3時
講師:国立歴史民俗博物館教授  井原 今朝男氏
受講料:200円(常設展観覧料を含む)

「かたりつがれた武家の由緒」
日時:6月25日(土)午後1時30分〜3時
講師:国立歴史民俗博物館副館長  久留島 浩氏
受講料:200円(常設展観覧料を含む)

両講演会後、展示解説を行います

ギャラリートーク

企画展示室にて資料の読み解きをします。
各回午後1時30分〜2時
6月5日(日) 山崎会理(当館専門主事)「家譜の編纂 〜武士が由緒を語るワケ〜」
6月12日(日) 福島正樹(当館総合情報課長)「信濃戦国武士の活躍 〜依田信蕃・松平康国〜」
6月19日(日) 山崎会理(当館専門主事)「お江の時代を生き抜いた武士 〜松平康真の一生〜」
6月26日(日) 原 明芳(当館考古資料課長)「発掘された戦国時代」
7月3日(日) 山崎会理(当館専門主事)「芦田信濃、信濃へ帰る 〜家宝を伝えた武士の思い〜」

オープニング

日時:5月28日(土) 午前9時〜10時
内容:開会式 内覧会(展示解説)
参加費:無料

企画展一覧に戻る



このページのトップへ