企画展のご案内

秋季企画展

樹木と人の交渉史−発掘された木製品、樹木信仰にみる3万年の歴史−

開催期間:2015年10月3日(土)〜11月29日(日)

 樹木と人は、時代ごとに、さまざまな共生関係を築いてきました。
 縄文時代、人はドングリ類の恵みを受けて定住生活をはじめ、やがてクリやウルシなど必要な樹木を管理し、活用するようになりました。弥生時代以降は、樹を伐り、加工する技術が発達していくとともに、樹木を材として利用する動きが加速しました。樹木と人の「かかわりあい」(交渉)の歴史を、出土木製品や石器などを通してご覧ください。
 一方、人は樹木への信仰心を育んできました。樹木の保護と引き替えに、樹木に宿るカミに祈りを捧げ、「願いごと」の交渉を重ねてきました。樹木祭祀の遺構や現在に残る巨樹信仰、御柱、円空仏などを通して、こころの側面をご紹介します。




講演会「信濃の森とヒトのつきあいの歴史」(終了しました)

【期 日】平成27年10月3日(土)午後1時30分〜3時
【講 師】東北大学名誉教授 鈴木三男 氏
【テーマ】信濃の森とヒトのつきあいの歴史
【その他】小、中、高、特別支援学校生は聴講無料ですが、大学生以上、一般の方は観覧料が必要です。また、全ての講座を受講できる割引券を発行します。

関連講座(全て終了しました)

1『実演!国宝・重要文化財の屋根材(こけら板)を作る』(終了しました)
 【日時】10月11日(日)午前10時〜11時 午後1時〜2時
 【講師】栗山弘忠氏(栗山木工有限会社)

2『縄文時代の樹木利用』(終了しました)
 【日時】10月31日(土)午後1時30分〜3時
 【講師】当館考古資料課上席学芸員 寺内隆夫  講座修了後に展示解説があります。

3『弥生・古墳時代の木工技術と保存・修復』(終了しました)
 【日時】11月7日(土)午後1時30分〜3時
 【講師】当館考古資料課 白沢勝彦  講座修了後に展示解説があります。

4『樹木と人の交渉史』(終了しました)
 【日時】11月14日(土)午後1時30分〜3時
 【講師】当館考古資料課上席学芸員 寺内隆夫  講座終了後に展示解説があります。

5『磨製の斧は伐採具か』(終了しました)
 【日時】11月21日(土)午後1時30分〜3時
 【講師】当館考古資料課長 大竹憲昭  講座終了後に展示解説があります。

※いずれの講座も小、中、高、特別支援学校生は無料ですが、大学生以上一般の方は観覧料が必要です。また、全ての講座を受講できる割引券を発行します。

関連イベント(全て終了しました)

1『こけら板』に字を書いて古代の木簡を作ってみよう(終了しました)
 【日時】10月11日(日)午前11時〜12時、午後2時〜3時
 【協力】栗山木工有限会社

2『森将軍塚古墳の樹木観察会と自然素材クラフトづくり』(終了しました)
 【日時】10月24日(土)午前9時〜12時
 【協力】NPO法人やまぼうし自然学校

3『木の実で飾ろう!クリスマスリース作り』(終了しました)
 【日時】11月28日(土)午後1時30分〜3時

※いずれのイベントも中学生以下が対象。
 高校生以上の方は要相談。
※各回とも定員20名(予約制)
※引率の保護者1名まで無料。

企画展一覧に戻る



このページのトップへ