企画展のご案内

平成25年度秋季企画展

刃(やいば)が語る信濃 武器、象徴(シンボル)、そして芸術(アート)へ

開催期間:2013年9月14日(土)〜11月4日(月)

 現在私たちは、日本刀を手に持つことはもちろん、目にする機会もほとんどありません。
 しかし、「単刀直入」「反りが合わない」「しのぎを削る」「目貫通り」「もとの鞘に収まる」など、日本刀に由来したことばを、日常の生活の中で無意識に使っているのではないでしょうか。近年まで日本刀は、一般家庭でもお葬式に際して、あの世に行くときの魔除けとして死者の布団の上に「守り刀」として供えるなど、人々の生活とも深い係わりを持っていました。
 刃の代表とされる日本刀は、かつて、合理的に人を殺傷するように改良が進められた戦闘の道具です。しかしそれだけではありません。「三種の神器」に剣があるように、権威の象徴、身分や地位を表すもの、信仰の対象にもなっていました。現在では、姿、刃文、地肌の美しさなどが鑑賞の対象となっています。
 本企画展では、弥生時代の銅剣から、人間国宝宮入行平の作品まで、2000年の信濃ゆかりの刃を展示します。極限までに武器としての機能を極めた刃の美しさとともに、一つひとつの刃の持つ歴史を感じていただければ幸いです。




講演会

開催日 10月12日(土)13:30〜(終了しました)
会 場 講 堂
演 題 「やさしい日本刀の話」
講 師  峰村竹三氏(日本美術刀剣保存協会長野県北支部)

※観覧料が必要です。
 ただし、小中学生、高校生、特別支援学生は無料です。

講座

開催日 9月14日(土)13:30〜(終了しました) 
会 場 講 堂
演 題 「人間国宝 宮入行平の仕事−孫弟子が語る!その人と業績」
講 師 刀匠 古川清行氏
※当館の都合により、当初の予定から講師が変更になりました。お詫びして訂正いたします。

開催日 10月5日(土)13:30〜(終了しました)
会 場 講 堂
演 題 「保存修復からみた弥生・古墳時代の刀剣」
講 師 白沢勝彦(当館考古資料課学芸員)

開催日 10月26日(土)13:30〜(終了しました)
会 場 第1研修室(当館2階)
演 題 「見て、触れて、体感する、日本刀の鑑賞」
講 師 宮下修氏(坂城町鉄の展示館学芸員)
    林誠(当館総合情報課学芸員)
※定員30名(事前予約が必要です。電話・FAX等でお申込みください)

開催日 11月2日(土)13:30〜(終了しました)
会 場 講 堂
演 題 「塩尻市洗馬野辺沢出土の衛府の太刀」
講 師 原明芳(当館考古資料課長)

※各回とも観覧料が必要です。
 ただし、小中学生、高校生、特別支援学生は無料です。

居合い抜き実演

開催日 9月28日(土)13:30〜(実演時間:約1時間)(終了しました)
会 場 中 庭
演 題 「居合抜き実演」
    ※雨天中止(実施の最終決定は、当日の午前10時におこないます)

※観覧料が必要です。
 ただし、小中学生、高校生、特別支援学生は無料です。

「武人埴輪を描こう!」(子ども向き)

会期中の土曜・日曜・祝日
受付時間:9時〜16時30分
会 場 企画展示室

※観覧料が必要です。
 ただし、小中学生、高校生、特別支援学生は無料です。

お詫びと訂正

「刃が語る信濃」展のポスター、チラシ(表)に掲載した写真のキャプションに誤りがありました。お詫びして訂正いたします。


金銅装圭頭大刀
須坂市本郷大塚古墳出土 日滝史蹟保存会蔵(須坂市立博物館保管)


金銅装頭椎大刀
茅野市蛇塚古墳出土 茅野市教育委員会蔵

企画展一覧に戻る



このページのトップへ