古文書目録名一覧歴史館の書籍・史資料をお探しの方

将軍家政所下文

建長6年12月12日 (1254)

将軍家政所下文幕府の将軍家政所が天福2年(1234)10月25日譲状と建長6年11月17日の中野忠能の避文によって、藤原氏に中野西条内の田と在家を安堵した下文。藤原氏は能成の娘、忠能の妹で、建長4年12月26日将軍家政所下文(020)の「女子分」にあたる人物であるが、文永2年閏4月18日鎌倉幕府下知状(023)にみえる「平出尼」である可能性も考えられる。避文とは去文・去状ともいい、相手に対して財産等の権利を主張していた人が、断念して以後は異論を唱えない旨を約束した証文のことをいう。

検索マーク 画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

翻刻

将軍家政所下文翻刻

検索マーク 画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます


このページのトップへ