古文書目録名一覧歴史館の書籍・史資料をお探しの方

北条時政安堵状

建仁3年9月4日 (1203)

北条時政安堵状北条時政(遠江守)が、中野五郎(能成)の所領支配を承認した安堵状。中野五郎(能成)は藤原(中野)助弘の娘婿または養子ではないかとの説も提起されている。頼朝の奥州追討に従軍し、頼朝の2度の上洛にも従い、頼朝亡きあとは、2代将軍頼家の近衆としても仕えたことが知られる。このため比企能員の乱において比企氏に組みして処罰されたとされるが、この文書はその際に、能成が北条時政と内通していたことを示すものであるとされている。

検索マーク 画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

翻刻

北条時政安堵状翻刻

検索マーク 画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます


このページのトップへ