古文書目録名一覧歴史館の書籍・史資料をお探しの方

足利義持御教書

応永9年5月14日 (1402)

足利義持御教書幕府管領畠山基国が、信濃国を将軍直轄国である御料国とするため、料国代官の先遣使2名を下向させることを将軍足利義持の命として伝えた御教書。幕府が信濃国を御料国としたのは、鎌倉府への対抗策であるといわれており、応永30年(1425)まで23年間続いた。

検索マーク 画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

翻刻

足利義持御教書翻刻

検索マーク 画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます


このページのトップへ