古文書目録名一覧歴史館の書籍・史資料をお探しの方

古文書 関連資料一覧

市河文書

○ 市河氏について

市河氏は、甲斐国( 山梨県) の出といわれる。鎌倉時代中期には信濃国に進出し、地元の中野氏と婚姻関係を結び、同氏の所領である高井郡志久見郷( 現下水内郡栄村を中心とする一帯) を自らのも のとしていった。南北朝時代から室町時代には、村上氏や高梨氏など北信の国人が守護や幕府に対して反抗を繰り返すのに対し、市河氏は一貫して北朝方・幕府方・守護方として活動した。戦国時代には、越後に近接するにもかかわらず、武田方に属すなど、時には孤高の立場をとりながら、独自の生き残り策をとってきた。武田氏の滅亡後は上杉方に属し、上杉氏の転封により会津へ、さらに米沢に移り米沢藩士として明治維新を迎えた。明治23年、市河家は陸軍屯田兵として北海道に移住した。

○ 市河文書について

山形県酒田市にある本間美術館に「市河文書」が所蔵されている。「市河文書」は平安時代末から戦国時代に至る約400年間の市河氏の動向を記した信濃国を代表する武家文書である。現存している唯一の史料とされる木曽義仲下文が含まれ、全国的に見ても貴重な武家文書として高く評価され、重要文化財に指定されている。戦前に市河氏から伊佐早謙氏の手に渡り、その後、伊佐早氏の手から本間家に渡り、本間美術館の所蔵となった。 戦前149通あったが、表具し直される過程で146 通となり、足利義満感状など3通が流失している。昭和44年に北海道釧路市在住の市河氏の子孫宅から、新たな史料が発見された。これが山梨県立博物館が所蔵する「市河家文書」である。その中には、甲越合戦で活躍した山本勘助の実在を示す文書も含まれ、戦国期の信濃にかかわる重要な史料と注目を集めた。いずれの史料ももとは市河一族に所蔵されていたもので長野県と深い関わりのあるものである。


資料No. 文書名 西暦 和暦
1 某下文 1170 嘉応2年2月7日
2 木曽義仲下文 1180 治承4年11月13日
3 醍醐寺全成下文 1183 寿永2年12月7日
4 醍醐寺全成下文 1184 寿永3年3月6日
5 将軍家政所下文 1192 建久3年12月10日
6 北条時政安堵状 1203 建仁3年9月4日
7 鎌倉幕府下知状 1203 建仁3年9月23日
8 鎌倉幕府下知状 1204 建仁4年2月21日
9 鎌倉幕府下知状 1204 元久元年3月19日
10 北条義時消息 1221 (承久3年)6月6日
11 某書状
12 鎌倉幕府下知状 1224 貞応3年11月11日
13 北条泰時副状 1224 (貞応3年)11月13日
14 北条重時書状 (1225) (嘉禄元年)9月9日
15 北条重時施行状 1225 嘉禄元年9月9日
16 北条重時御教書 1225 嘉禄元年9月16日
17 北条重時御教書 1229 寛喜元年12月13日
18 左衛門少尉兼致書状 1229 (寛喜元年)11月28日
19 中野能成自筆譲状 1249 建長元年12月15日
20 将軍家政所下文 1252 建長4年12月26日
21 将軍家政所下文 1252 建長4年12月28日
22 将軍家政所下文 1254 建長6年12月12日
23 鎌倉幕府下知状 1265 文永2年閏4月18日
24 中野仲能訴状案
25 将軍家政所下文 1265 文永2年5月25日
26 将軍家政所下文 1274 文永11年2月20日
27 将軍家御教書 1274 文永11年6月15日
28 鎌倉幕府下知状 1278 弘安元年9月7日
29 鎌倉幕府下知状 1290 正応3年11月17日
30 中野仲能訴状案
31 鎌倉幕府下知状 1300 正安2年3月3日
32 鎌倉幕府下知状 1300 正安2年11月8日
33 鎌倉幕府下知状 1302 正安4年12月1日
34 信濃国庁宣 1309 延慶2年4月
35 志久見郷田在家目録注進状 1309 延慶2年卯月
36 市河盛房自筆置文 1321 元亨元年10月24日
37 市河盛房自筆譲状 1321 元亨元年10月24日
38 市河盛房自筆譲状 1321 元亨元年10月24日
39 尼寂阿譲状 1272 文永9年8月18日
40 信濃国雑掌則能申状 1324 元亨4年9月
41 鎌倉幕府引付頭人奉書 1327 嘉暦2年10月8日
42 尼せんかう自筆譲状 1329 嘉暦4年6月23日
43 中野家平着到状 1333 元弘3年5月8日
44 中野家平着到状 1333 元弘3年5月14日
45 市河経助着到状 1333 元弘3年6月7日
46 市河助泰着到状 1333 元弘3年6月7日
47 市河助房同経助着到状 1333 元弘3年6月29日
48 官宣旨案 1333 元弘3年7月25日
49 信濃国宣 1333 元弘3年8月3日
50 市河助房申状 1333 元弘3年10月
51 鎌倉幕府下知状 1332 正慶元年12月23日
52 鎌倉幕府下知状 1332 正慶元年12月27日
53 雑訴決断所牒 1334 建武元年6月16日
54 市河助房等着到状 1334 建武元年6月25日
55 市河助房等着到状 1334 建武元年8月
56 平長胤綸旨副状 1335 建武2年2月5日
57 市河助房等着到状 1335 建武2年3月
58 市河助房同経助着到状 1335 建武2年3月
59 市河助房等着到状 1335 建武2年5月16日
60 市河経助等着到状 1335 建武2年5月16日
61 市河助房同経助着到状 1335 建武2年6月
62 市河助房等着到状 1335 建武2年7月
63 市河親宗軍忠状 1335 建武2年8月
64 雑訴決断所牒 1335 建武2年8月14日
65 市河経助軍忠状 1335 建武2年9月22日
66 市河倫房同助保着到状 1335 建武2年10月
67 市河親宗着到状 1335 建武2年11月28日
68 市河助房代難波助元軍忠状 1336 建武3年1月17日
69 市河経助軍忠状 1336 建武3年1月17日
70 市河経助同助泰軍忠状 1336 建武3年1月18日
71 市河経助代着到状 1336 建武3年2月21日
72 市河経助軍忠状 1336 建武3年2月23日
73 市河経助軍忠状 1336 建武3年2月23日
74 市河経助軍忠状 1336 建武3年2月23日
75 市河経助軍忠状 1336 建武3年6月29日
76 市河経助同助泰軍忠状 1336 建武3年6月29日
77 市河経助軍忠状 1336 建武3年11月
78 市河親宗着到状 1336 建武3年11月
79 市河親宗軍忠状 1336 建武3年11月
80 市河親宗軍忠状 1336 建武3年11月3日
81 市河親宗着到状 1336 建武3年11月
82 市河経助着到状 1336 建武3年12月
83 市河親宗着到状 1336 建武3年12月
84 足利直義感状 1336 建武3年12月29日
85 市河経助軍忠状 1337 建武4年3月
86 市河経助軍忠状 1337 建武4年3月
87 市河親宗軍忠状 1337 建武4年3月
88 市河親宗軍忠状 1337 建武4年3月
89 市河助房代小見経胤軍忠状 1337 建武4年3月
90 市河経助代小見経胤軍忠状 1337 建武4年3月
91 市河助房代島田助朝軍忠状 1337 建武4年3月
92 中野家氏軍忠状 1337 建武4年9月
93 市河倫房軍忠状 1340 暦応3年8月
94 市河倫房軍忠状 1341 暦応4年6月
95 市河助房自筆譲状 1343 康永2年3月22日
96 市河助房自筆譲状 1343 康永2年5月26日
97 市河倫房代同親房軍忠状 1343 康永2年12月
98 足利尊氏御教書 1347 貞和3年4月21日
99 市河経助軍忠状 1351 観応2年3月
100 市河頼房代泰房軍忠状 1351 観応2年3月
101 足利直義御教書 1351 観応2年6月2日
102 市河経高軍忠状 1356 正平11年10月
103 市河経高軍忠状 1356 正平11年12月
104 小笠原長基宛行状 1360 延文5年6月27日
105 足利氏満御教書 1368 応安元年閏6月23日
106 市河頼房難波頼房軍忠状 1368 応安元年9月
107 小笠原長基宛行状 1370 応安3年4月3日
108 信濃守護使重義注進状 1373 応安6年6月
109 上杉朝房安堵状 1375 永和元年10月16日
110 上杉朝房安堵状 1375 永和元年10月26日
111 斯波義種安堵状 1385 至徳2年2月12日
112 斯波義種判物 1385 至徳2年7月18日
113 二宮氏泰書状 1386 (至徳3年)7月1日
114 斯波義種感状 1386 (至徳3年)8月12日
115 足利義満御教書 1387 至徳4年6月9日
116 二宮種氏宛行状 1387 至徳4年6月12日
117 斯波義種感状 1387 至徳4年6月25日
118 市河頼房軍忠状 1387 至徳4年9月
119 斯波義将感状 1387 (至徳4年)9月15日
120 二宮氏泰奉書 1387 嘉慶元年12月17日
121 二宮氏泰宛行状 1388 嘉慶2年8月19日
122 某宛行状 1397 元中14年7月5日
123 二宮是随奉書 1397 応永4年7月2日
124 中野頼兼軍忠状 1399 応永6年12月27日
125 市河興仙軍忠状 1400 応永7年4月21日
126 小笠原長秀宛行状 1400 応永7年5月27日
127 小笠原長秀安堵状 1400 応永7年6月2日
128 小笠原長秀施行状 1400 応永7年6月3日
129 小笠原長秀施行状 1400 応永7年6月3日
130 小笠原古米入道打渡状 1400 応永7年6月3日
131 小笠原古米入道打渡状 1400 応永7年6月3日
132 赤沢秀国打渡状 1400 応永7年6月14日
133 小笠原長秀奉書 1399 (応永6年)11月3日
134 市河興仙軍忠状 1400 応永7年11月15日
135 斯波義将安堵状 1401 応永8年6月25日
136 斯波義将下知状 1401 応永8年6月25日
137 足利義持御教書 1402 応永9年5月14日
138 細川慈忠遵行状 1402 応永9年9月17日
139 伊勢道券打渡状 1402 応永9年9月18日
140 足利義満安堵状 1403 応永10年7月2日
141 細川慈忠遵行状 1404 応永11年11月20日
142 市河氏貞軍忠状 1404 応永11年12月
143 真晃契状 1407 応永14年6月23日
144 足利義持御教書 1415 応永22年7月19日
145 足利義量御教書 1423 応永30年7月10日
146 武田信玄定書 1569 (永禄12年)10月12日

このページのトップへ