古文書目録名一覧歴史館の書籍・史資料をお探しの方

某宛行状

元中14年7月5日 (1397)

某宛行状志津間(水内郡若槻新庄静妻郷)の小笠原但州分の地頭職を中野中務少輔に与える宛行状。袖判があるが、花押の主すなわち本文書の発給者は不明。「元中」は、南朝後亀山天皇の元号。元中9年(1392) の南北朝合一以後、北朝の元号である明徳を使用することになったにもかかわらず、本文書では「元中」を用いていることから、南朝方の人物と考えられる。

検索マーク 画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

翻刻

某宛行状翻刻

検索マーク 画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます


このページのトップへ