古文書目録名一覧歴史館の書籍・史資料をお探しの方

市河倫房代同親房軍忠状

康永2年12月 (1343)

市河倫房代同親房軍忠状市河倫房の代として子の親房が、信濃国守護小笠原貞宗の軍に属して常陸国大宝城(現茨城県下妻市)の南朝方を攻め、その軍功を上申し、吉良時衡の証判を得た軍忠状。倫房は眼病を患ったとある。また大宝城は下妻政泰の城で、春日顕国や興良親王が入城した南朝の拠点であり、前年の3月より北朝方と激しい戦いが行われ、本文書の前月に落城した。

検索マーク 画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

翻刻

市河倫房代同親房軍忠状翻刻

検索マーク 画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます


このページのトップへ