古文書目録名一覧歴史館の書籍・史資料をお探しの方

市河親宗軍忠状

建武4年3月 (1337)

市河親宗軍忠状高越後守(師泰)の主将指揮のもと、市河親宗が、信濃惣大将軍村上信貞軍に属して新田義貞らの拠点である越前国金ヶ崎城を攻め、城を落としたことを上申し、高師泰の証判を得た軍忠状。親宗はこの戦いで膝口を射通されたとある。親宗が村上信貞に同内容を上申し証判を得た軍忠状(087)も残る。

検索マーク 画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

翻刻

市河親宗軍忠状翻刻

検索マーク 画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます


このページのトップへ