古文書目録名一覧歴史館の書籍・史資料をお探しの方

市河経助軍忠状

建武3年2月23日 (1336)

市河経助軍忠状市河経助が小笠原貞宗の代兼経と村上信貞の軍に属し、北条方と麻績御厨(東筑摩郡)で北条方と合戦に及んだことを上申し、吉良時衡から証判を得た軍忠状。同日付の経助軍忠状はほかに2通(072・074)存在するが、本文書には敵方の中心人物として北条時興(高時の弟)、深志介知光のほか丹波右近大夫(時継か)の名が見える。

検索マーク 画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

翻刻

市河経助軍忠状翻刻

検索マーク 画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます


このページのトップへ