古文書目録名一覧歴史館の書籍・史資料をお探しの方

古文書目録名一覧

検索マークのついたものは長野県立歴史館収蔵データで検索できます。検索可能な史資料は漸次更新しますのでご利用ください。

筑摩郡北小野村文書

資料No(記号) 安筑〔5〕/5-11
説明(解題)本文書は北小野村の村方文書および村役人(名主か)を務めた古田家(もしくは辰野家)の家政関係文書等と考えられ、作成年代は元亀2年(1571)から大正3年(1914)までの長期に及んでいる(刊本を除く)。
 筑摩郡北小野村(現塩尻市大字北小野)は、旧中山道の塩尻宿から善知鳥峠を越えた所にあり、伊那谷の最北端に位置する。景観的に、上伊那郡辰野町の小野と一連の集落を成しているように、もとは伊那郡小野村(現辰野町大字小野)と一村であった。天正19年(1511)松本城主石川数正と飯田城主毛利秀頼との間で領地争いが起こり、豊臣秀吉の裁定で二分され、北の松本領分は筑摩郡、南の飯田領分は伊那郡となった。松本領分北小野村は、当初、単に小野村、または北方小野村と称した。北小野村は、享保10年(1725)からは幕府領、寛保3年(1743)からは松本藩預り地となった。
北小野村は、明治2年(1869)伊那県、同4年筑摩県の所属となる。同8年勝弦新田村と合併し筑摩地村と一部となる。昭和34年(1959)昭和の大合併で塩尻市の一部となり現在に至る。
村高は、265石余(正保書上)、263石余(元禄郷帳)、771石余(天保郷帳)。
北小野村文書中には、江戸時代の同村を理解するための基本資料となる、宗門帳や検地帳・村絵図・村明細帳等が含まれている。
村の特産物に石灰焼きがあったり、信濃国二の宮と称される小野神社が鎮座したりしているため、石灰の製造・流通、小野神社の神事祭礼・修復等に関係した文書が多い。
村内を伊那街道(三州街道)が通っており、伊那郡小野村(南小野村=南小野宿)とともに宿駅(北小野宿)を合宿で勤めた。また、中山道塩尻宿も勤めた。さらに助郷中馬稼ぎも盛んで、明和の裁許の中馬数は筑摩郡内159か村中3番目の79であった。このため、交通・流通関係の文書も多い。家政関係では、古田・辰野両家の系図があり、質地証文等が多い。

このページのトップへ