古文書目録名一覧歴史館の書籍・史資料をお探しの方

古文書目録名一覧

検索マークのついたものは長野県立歴史館収蔵データで検索できます。検索可能な史資料は漸次更新しますのでご利用ください。

更級郡更府村峯村家文書

資料No(記号) 更埴〔7〕/7-39
説明(解題) 本目録に収録した標記文書は、2010(平成22)年に上條信彦氏より寄託を受けた収集史資料群のうちの一部である。
 更府村は1889(明治22)年、近隣の三水・山平林・安庭・吉原村4ヶ村が合併して成立した。現在の長野市篠ノ井信更地区にあたる中山間地域である。本史料群は明治後期から大正初期にかけての史料を中心に47点で構成され、ほぼ全てが峯村義市(儀市)に関わるものである。
 特徴としては近隣から峯村氏への土地売買証書が最も多い。更府村の周辺土地を集積して農業経営していた様子がうかがえる。
 峯村義市関係の私文書を中心としているため、個人情報が含まれる。閲覧に際しては非公開となっているものもある。

このページのトップへ